2019年06月01日

RGクロスボーン・ガンダムX1をつくる(190601)

イメージ

(A機)>七日目です。
(栄輝)>右脚が完成して、左脚の途中まで。フレームを組んで装甲を取り付けていったり、膝のパーツが連動可動するところなど、まさにマスターグレードモデルのダウンサイジング版といった趣だわ。
(A機)>アドヴァンスドMSジョイントじゃなくてフレームも組み立て式なので、そのあたりもマスターグレードモデルに近い組み心地かもしれませんね。
(栄輝)>そうなんだよな。フレームを組んで外装を取り付けていくことで、実際のモビルスーツを建造している感覚を疑似体験させていたマスターグレードモデルの正当進化系なのかもしれない。フレームも組み立てなければならないという点では手間は増えているのかもしれないけど、パーツ分割もよく考えられているから、ゲート処理も最小限の手間で済むし、全体の組み応えというか組み心地のようなものがいい塩梅なんだ。リアルグレードの「リアル」って、当初は実際に機体が存在したら云々といったリアルさを標榜していたんだけど、どんどんそのへんの考察は甘くなっていってたから、看板に偽りありって思ってたんだよ。
(A機)>たしかZガンダムで既にそんな印象を持たれていたような。
(栄輝)>でも、このキットを組んでいてもしかしたら、ここでいう「リアル」は、マスターグレードモデルが担っていた「ガンプラを組みたてる行為に感じるところのリアル」を指しているんじゃないかと思えてきたよ。
(A機)>模型少年が言うところの「リアル」と、本物を指す「リアル」との違い、みたいな。
(栄輝)>そうそう。あくまでガンプラというフィールドの中でのリアルなんだよね。同じプラモデルでも、完成したら見えないところまでディテールが作り込まれているのといないのでは、模型工作で感じるリアルって違うんだよね。たとえば、ハセガワのマクロス艦を作るっている最中なんて、超巨大な宇宙船を作っているというロマンはあんまり感じないの。眼の前にあるパーツは1/1サイズのプラモデルのパーツなんだよ。組み上がると、ちゃんとそれは超巨大な宇宙戦艦になって、ロマン係数もグッと高まるのはさすがハセガワって感じなんだけど、ガンプラはときおりバラバラのパーツの状態でなんともいえない「リアル」があるんだよね。実物よりもリアルを感じるという逆転現象……実際には実物なんて存在しないのだけど。

商品イメージ
RG 機動戦士クロスボーン・ガンダム クロスボーン・ガンダムX1[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

RGクロスボーン・ガンダムX1をつくる(190531)

イメージ

(A機)>六日目です。
(栄輝)>脚部の建造に着手。この手のフレーム構造といえばマスターグレードの1/100サイズが見慣れているからというのもあるけど、さすがに小さいね。
(A機)>頭頂高15.9メートルですからね。

商品イメージ
RG 機動戦士クロスボーン・ガンダム クロスボーン・ガンダムX1[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

RGクロスボーン・ガンダムX1をつくる(190530)

イメージ

(A機)>五日目です。
(栄輝)>左腕の建造。右腕を組んだあとだからもう少しスピードアップできるかなと思ったけど、それほどでもなかった。フレームに使われているKPS素材は特にゲート跡の処理に気を使うから、やっていると手数がかかるんだよね。

商品イメージ
RG 機動戦士クロスボーン・ガンダム クロスボーン・ガンダムX1[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

RGクロスボーン・ガンダムX1をつくる(190529)

イメージ

(A機)>四日目です。
(栄輝)>右腕の建造。肩装甲のパーツ構成がすごいことになっていて、おかげで何が担当者をここまで駆り立てたのかと考えずにはいられない楽しい時間を過ごした。あとこのキットは前腕にも回転軸が仕込まれているのだけど、個人的には悩ましいところ。人間の前腕部のひねりを再現しようとしたら、結局一軸で可動させるとどうしても違和感のある構造になるということが分かってしまうんだよなぁ。

商品イメージ
RG 機動戦士クロスボーン・ガンダム クロスボーン・ガンダムX1[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

RGクロスボーン・ガンダムX1をつくる(190528)

イメージ

(A機)>三日目です。
(栄輝)>スカートまわりを組み立てて、両腕に着手。

商品イメージ
RG 機動戦士クロスボーン・ガンダム クロスボーン・ガンダムX1[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

RGクロスボーン・ガンダムX1をつくる(190527)

イメージ

(A機)>二日目です。
(栄輝)>胴体部の建造。

商品イメージ
RG 機動戦士クロスボーン・ガンダム クロスボーン・ガンダムX1[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

コア・ファイターにおけるキャノピー考



 
posted by 多村えーてる at 11:30| 奈良 | Comment(0) | GUNDAM ZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RGクロスボーン・ガンダムX1をつくる(190526)

イメージ

(A機)>1/144スケールのクロスボーン・ガンダムって初めてなのでは。
(栄輝)>初めても何も、MG Ver.Ka以来かな。コア・ファイターから組み始めたんだけど、コクピットがかなり小さいな。外径で4.5ミリしかないから、144倍したら65センチ。装甲の厚みとか考えたら、パイロットちょっと恐ろしい状態で乗ってることになる。
(A機)>実際、今回はパイロットが乗ってないですね。
(栄輝)>そもそものデザインに無理があると言えばそれまでなんだろうけど、1/144スケールゆえのフレームの厚みとかも影響ないとはいえない。それはともかく、頭部ヘッドは両耳の中をメカグレーに塗って、クマドリの赤を入れて、骸骨にスミ入れして、ツノを少しだけ尖らせた。このあたりはひと手間かけておくだけでグッと締まる部分なのでオススメ。

商品イメージ
RG 機動戦士クロスボーン・ガンダム クロスボーン・ガンダムX1[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

HGUCガンダムTR-6[ヘイズルII]B形態をつくる(190525)

イメージ

(A機)>プレミアムバンダイで発売されたHGUCガンダムTR-1[ヘイズル改]&ガンダムTR-6用拡張パーツの拡張パーツですね。
(栄輝)>アルファベットは電撃ホビーウェブの連載を元にした考察に準した分類なわけで。以前組んだヘイズル改を発掘したんだけど、ゲート処理もしていないパチ組み状態だったわ。そういう時期のキットだったんだなぁ。
(A機)>2005年ですからねぇ。
(栄輝)>アドバンスドヘイズルはパチ組みとはいえきっちりヤスリがけして組んでいるから、こっちとキットのヘイズルII、この分類で言うところのC形態と組み合わせてD形態にしようかと思ったんだけど、画稿をよく見たらヘイズルアウスラ用の肩パーツに換装してるんだよな。シールドはガンダムMk-IIだし、ビーム・ライフルはガンダムMk-IIのものにショートバレルのバズーカを接続したタイプ。これはにわかには再現難しいかもと思ったら、なんちゃってD形態にするよりも、今できるB形態をまずは再現してみようかと。
(A機)>果てしなくややこしい。
(栄輝)>来月、実戦配備カラーのフルドドが来ても、D形態の画稿どおりのビーム・ライフルとシールドは手元にはないから、完全再現は難しいなぁ。
 
posted by 多村えーてる at 18:00| 奈良 | Comment(0) | AOZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

Don't Trust Over 52.

にくむよりも
かなしむよりも
いかりよりも
なげくよりも
 
posted by 多村えーてる at 08:56| 奈良 | Comment(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする