2006年04月06日

『Palm Magazine 永久保存版』

TH55の運用もすっかり安定して、別段あたらしいパームウェアを入れるでもなく、日々淡々と使い続ける日々なわけですが、書店でみかけたらつい買ってしまいました。

最近のパーム事情からすっかり遠ざかっていたので、パームを取り巻く環境の現在がおおむね把握できました。

それにしても驚かされるのは、初代Palm Pilot が登場してから、わずか10年しか経過していないという事実です。言い換えるなら、10年前には Palm は存在しなかった、その事実に驚かされます。

スカリーの提唱した情報家電コンセプトとしてのPDA、その一環として生まれてきた Newton テクノロジー。MessagePad がうまく離陸できないうちに、PDAは「低価格の電子手帳カテゴリ」の代名詞にすり替わっていって、それも廃れたかという頃にあらわれたのが Palm Pilot だったと記憶しています。

インターネット以前と以降で、世の中は圧倒的に変わってしまった印象があるわけですが、Palm っていうのは、インターネットが普及する直前の曙光だったのではないかと思います。

思えば、インターネットはコンピューティング世界におけるVHSだったんだなぁ。二〇世紀末に花開こうとしていたいろんなコンピューティング・パワーの萌芽を、ことごとく摘み取ってしまった。右へ倣えさせてしまった。インターネットにあらずんばITにあらず、といった価値観に塗り替えてしまった。

べつに嘆くほどのことでもないけど、あの頃のワクワクしたいろんなものと二十一世紀は、少しだけ地続きではないような気がするのは、そういうことなのかなと思う。

商品イメージ [Amazon]
posted by 多村えーてる at 20:18| 奈良 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 嘆きのデジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする