2006年08月09日

HCM-Pro リガズィ

商品イメージ

(栄輝)>うん、これはいいリガズィだと思うよ。プロポーション、ディテール、可動どれもいい感じ。ヒジが90度ぐらいしか曲がらないって意見もあるけど、べつに気にならない。
(A機)>これがバックパックからビームサーベルを抜くとか言い出すと面倒なことになるわけですが…。
(栄輝)>バックパックがサーベルラックになってるって設定は、マスターグレードではじめて出てきた解釈だからちっとも気にならない。ビームの形状なんかはものすごいこだわって設定したくせに、肝心のビームサーベルがどこに収納されるかは考えてもいないなんて、いかにもブっちゃんらしいおおらかなデザインじゃないか。

商品イメージ

(A機)>スペースファイター形態もばっちり。固定用パーツのおかげで変形がしっかり決まりますね。
(栄輝)>その手の余剰パーツってあんまり好きじゃないんだけど、シールドのディテールだと解釈できる範囲だし、あんまり気にならないかな。こうしてあらためて見ると、スペースファイター形態といったって、頭はむき出しなんだな。ヘタに収納しようとしないいさぎよいデザインがまた味わい深い。俺って、そんなにリガズィ・スキーだったっけ?

商品イメージ
HCM-Pro30 リ・ガズィ[Amazon]
posted by 多村えーてる at 18:45| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/100 MG ガンダムF91・その2

商品イメージ

(栄輝)>とりあえず組んでみた。
(A機)>む、肩おおきいですかやっぱ。
(栄輝)>大きいな。この雰囲気はなんだったかなと考えたら、ネオガンダムがこんな感じのシルエットなんだよな。肩がぐんと張って、足がスコーンとのびていて、腰回りなんかがちょっと落ち着かない(笑)
(A機)>すると、世間で言われているように、このプロポーションは種風のアレンジではないということですか?
(栄輝)>そこまで断言はできないけど、ボクのほしかったF91とはちと違うのは事実かなぁ。ここまで肩のボリュームを主張するのはF91らしくないというか。あともう少しだけ丸さがほしいな全体的に。とはいえ、これはこれでよくまとまってると思うよ。ただ、スラスターまわりの愛情のない処理はさすがにどうかと思う。こういうの、気にならないのかなぁ。
(A機)>さぁ、HGUCヅダのときは、メインのスラスターは見どころのひとつになっていたようですけど。
(栄輝)>F91のスラスターは角にアールが入っているのが特徴だろうに。おまけに、スカートまわりだけ中途半端にABSで造形して、肩のスラスターは白いまま。なんだか、ないがしろにされてる感があるんだよな。
(A機)>開発時の力の入れ具合なんじゃないですか。
(栄輝)>古くはダブルゼータのデコっぱちのハイメガ砲、サザビーのヘソビーム(笑)、ステイメンのテールスタビレータ……。俺がここの表現にこだわってこそなんぼだろ!と思っているところにかぎって、すごく適当に処理されていたりするんだよ。
(A機)>大丈夫ですよ。それって、どれもディテール表現の話ですよね。金型成型技術の精度は年々上がっているらしいですから、これからのキットは超絶ディテールになっていきますよきっと。
(栄輝)>そうか? じゃあ、次のクロスボーンガンダムはX型のスラスターがキモだから、あんじょうたのんまっせ。……なんて言うほど楽観はしてないよ実際は。
(A機)>あーもう、ネガティブな人だなぁ。

商品イメージ 
1/100 MG ガンダムF91 [Amazon]
1/100 MG クロスボーンガンダムX-1 Ver.Ka [Amazon]
posted by 多村えーてる at 17:45| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする