2008年05月31日

いまだからこそiPod touchを買うべきだと思う

iPhoneの日本発売の発表が近づきつつあるらしい。しかし、だからこそ、iPod touchを買うべきなのかなと思えるようになってきた今日この頃。

リーク画像のiPhoneの丸っこいフォルムがいまいち好みではないことや、キャリアがどこになるにしても高いランニングコストを強いられることを思うと、それを補ってあまりあるユーザーエクスペリエンスを享受できるほど自分は豊かではないのではないか、とココロにブレーキがかかるのだ。

そういったネガティブなファクターがいくつかあることも事実だが、むしろiPod touchがもたらしてくれるメリットがいまの自分には大きいと思えてきた。

先日から、ScanSnapに猛烈な興味がわいている。ユーザーのブログをみたり、紹介記事を読み漁ったり。

このScanSnapとの連携で推奨されているのが、データキャリアーとしてのiPod touchだ。それと、ここ最近、ビデオポッドキャストの購読が増えてきた。さらにHP-200LXがキーボード不調で外出先のテキストメモに不都合が生じている。iPod touchのメモ機能がその代替にならない(タッチ式のテキスト入力は、HP-200LXでのタイピングの良好さにはとどかない)ことは承知しているけど。

ともかく、いまだからこそiPod touchを買うべきだと思う。

商品イメージ 
Apple iPod touch 16GB MA627J/B[Amazon]

商品イメージ 
ScanSnap S510M[Amazon]
posted by 多村えーてる at 08:51| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 嘆きのデジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする