2012年03月13日

MGガンダムAGE-1ノーマルをつくる(120313)

イメージ 
 
(A機)>二日目です。頭部完成。
(栄輝)>パーツくっつけただけだけどね。黒い部分は休みの日にでも塗装するつもり。ところでガンダムAGEのツノは、なかなかの発明だと思うよ。
(A機)>太くて、本当にツノみたいでもあり、補助翼のようでもあり。
(栄輝)>太いから折れにくい。小スケールでも造形しやすい。従来のガンダムとの差別化にもなってる。なかなかのエポックメイキング。

イメージ 

(栄輝)>正面からみると、ちょっと角度がついているので厚みがある。
(A機)>シルエットだけみると、どことなくピカチュウ的な愛らしさもあるようなないような。
(栄輝)>黄色く塗ったり、先っちょだけ黒く塗るのはご法度な。

イメージ 

(栄輝)>こんなアオリ角度でも、ちゃんとツノがピンとしている。
(A機)>ほとんどのガンダムは、ここまで見上げる角度だと、ツノがペタンとしちゃうんですよね。
(栄輝)>付いている位置もだいたいヒサシとトサカの間だから、前に飛び出しすぎてしまうんだけど、AGE-1の付き方はそこが解消されてる。よく考えられてる。

イメージ 

(栄輝)>こういう角度でも、ツノが決まる。
(A機)>いいですねー。この角度、お好きでしょ?
(栄輝)>うん、好き。

商品イメージ
MG 1/100 AGE-1 ガンダムAGE-1 ノーマル[Amazon]


商品イメージ
MG 1/100 AGE-1T ガンダムAGE-1 タイタス[Amazon]


商品イメージ
MG 1/100 AGE-1S ガンダムAGE-1 スパロー[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | GUNDAM AGE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする