2013年11月14日

HGUCドーベン・ウルフ(ユニコーンVer.)をつくる(131114)

イメージ

(A機)>七十四日目です。
(栄輝)>前回切り出したプラ板をゲージにして、必要数を量産。0.3ミリはさすがにカットしやすいね。

【機体解説】
本機の腰部駆動系は、ドーベン・ウルフと同タイプのものが採用されているが、腰部フレームの増設に伴い、若干縦に長く伸びている。ハイヒール化もあいまって、本機の頭頂高はドーベン・ウルフよりもかなり高くなっている。また、腰部のスカートアーマーが増設されている分だけ、本機は機体重量においてもドーベン・ウルフを上回る。しかし、そのすべてがデッドウェイトであったわけではないようだ。スカートアーマーは本来、腰部駆動系の安定には不可欠なコンポジットがいくつか配置されていたのであり、装甲としての役目以上に重要なウェイトを占めるものもあったのである。総合的に安定した機体性能の担保としても、腰部の変更は必要だったと言えるだろう。

商品イメージ
HGUC 1/144 ARX-014 ドーベン・ウルフ (ユニコーンVer.) [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | GUNDAM UC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする