2017年05月12日

PLAMAXチェインバーをつくる(170512)

イメージ

(A機)>七日目です。
(栄輝)>左腕も組んだ。すり合わせはきっちり取り組む必要がありそう。ダボを削って、左右割りを接着して整形してから取り付けるとか。
(A機)>ようするに普通の工作ですね。
(栄輝)>いわゆる後ハメ加工としてはそれほど面倒なことではないし、塗装もやりやすくなるだろう。そろそろそのへんも考えながら手を動かすか。
(A機)>まず全体を組み立てて、加工する箇所を検討するっていうのも、大切なプロセスだとは思いますけどね。キレイに仕上げるといっても、どこまでやれば正解かなんて決まってないわけですし。
(栄輝)>目標は完成だろうけど、目立つ部分だし、やっておくか。

イメージ

(A機)>目立つといえば、この肘カバーの合せ目、ここまでで一番目立ちますね。
(栄輝)>ここはさすがにどうにかしないとなぁ。
(A機)>以前のガンプラによく見られた定番加工がよろしいかと。
(栄輝)>そうだな。別に難しいことでもないし。一手間かけるか。

商品イメージ
PLAMAX SG-01 翠星のガルガンティア マシンキャリバー K6821 チェインバー[Amazon]


商品イメージ
PLAMAX SG-02 翠星のガルガンティア マシンキャリバー X3752 ストライカー[Amazon]


商品イメージ
PLAMAX SG-03 翠星のガルガンティア マシンキャリバー アヴァロンガード[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする