2008年09月26日

にわかにデジモノがほしくなる「テプラ」

ときおり「テプラがほしい」「ラベルで整理したい」という欲求がムラムラと沸いてくることがあります。元祖GTDの提唱者デビッド・アレンの『仕事を成し遂げる技術』でも、「まずテプラを買ってくること。きれいなラベルが仕事のモチベーションにつながる」といったことが書かれています。ああ、あれもこれも、何もかも、ラベルを貼りまくりたい!

それほど凝ったタイプはいらないので、とりあえずカナ漢字が使えれば十分かな、と思うんだけど、意外にこり始めるとけっこう値が張るみたいで、割り切りどころが難しい。

で、スペックはともかく、調べてみるとタンジェリンカラーのテプラを発見。価格も安いし、これでいいかもなぁ。

商品イメージ
KING JIM ラベルライター テプラPro SR40オレンジ SR40 orange[Amazon]
posted by 多村えーてる at 18:05| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嘆きのデジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック