2006年02月05日

機動戦士Ζガンダム・第四話「エマの脱走」

アレキサンドリアでカクリコンに殴りかかるときも、カミーユは下から上に向けて正拳突きを繰り出す。低重力(無重力)でのカラダの動かし方の表現に対するルールが意識されていると思える。もっとも、だめ押しの一発は上から叩き付けていたけど、反撃がないと確信できていれば、あとで体制が崩れてもかまわないという見切りなのだろう。

エマ・シーンに対するクワトロ・バジーナの言葉を、信用しようとしないブレックス・フォーラ。そのくせエマが脱走してくれば大喜びのブレックスは、戦士ではないおめでたさがある。MSに乗って戦場に出たことのない人、なのかもしれない。
posted by 多村えーてる at 21:44| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック