2006年02月05日

機動戦士Ζガンダム・第六話「地球圏へ」

「マーク2とディアスに、新しい装甲を付け足してみたんです。ゼータガンダムって名前も付けてんです」
カミーユがΖの開発に関係したと言われるけど、本編でそれがうかがえるのはコレだけ、だったと記憶している。

居住区でジョギングしている人発見。

レコアさんをみつけて追いかけてみると、クワトロと逢瀬しようとしたのであわてて逃げ出して、すぐにエマさんを訪ねるカミーユ。サクッと見透かされて逆ギレするカミーユ。ああ、居場所のない彼。

「ティターンズは一階級上待遇」と聞いて「月での有給休暇が三日も増える」と喜ぶライラ隊のメンバー。ライラはすごい人だったけど、ライラ隊の連中は凡人の集団だったとわかる。

レコア・ロンドに恋慕するカミーユ。ホウセンカまで追いかけてきて、言葉を失ったところでコクピットに座ったレコアの胸元から腰のあたりをなめるように見せる。これがカミーユの目線? ここに至るまで、レコアとカミーユがそれほど深い付き合いがあったようにも見えないのだけど、とりあえずエマ・シーン以外の女性がレコアさんしかいなかったから、カミーユはなついていたのだろうか?

白いガンダムMk-IIには今回もクワトロが乗っている。カミーユは片腕の破壊された黒いガンダムに。

アムロ初登場。太陽発電衛星って無茶苦茶でかいのね。そりゃそうか。迎撃機能を持っていたけど、自律しているのか、誰か常駐しているのか。衛星が破壊されたせいでアムロ邸は停電に。太陽発電衛星を破壊した影響と、アムロの登場をクロスさせる展開はうまいなぁと思えるけど、「何、あのアムロは?」という疑問符がザワザワと残っただけかもしれない。たいへんもどかしい。
posted by 多村えーてる at 22:29| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック