2006年04月26日

ミクロマン・アサシンフォース&アクロイヤーXADO

(A機)>今週末あたり発売ですね。
(栄輝)>いろいろと誤解を覚悟して書くならば、ミクロマンってカラーリングと頭なんだよね。
(A機)>こりゃまた極論ですねぇ。正反対のベクトルで作られたミリタリーフォースなんてのもありますけど?
(栄輝)>うん、あれはあれで好きなんだよ。いろんなパーツを装備させるのも楽しいし。パーツそのものの成形色のおもしろさ、みたいなのもよく考えられてたと思う。で、同じ素体でアクロイヤーEXOがでたわけだけど、どっちがキャラ立ちしてるかっていうと、やっぱりEXOだったんじゃないかと思うんだな。
(A機)>たしかにEXOはヘッドも遊び心があったし、カラーリングもおもしろかったですねぇ。
(栄輝)>DOGMASK氏のデザインしたファルコンなんかも、シンプルな装備に凝ったイケメンヘッドとカラーリングがイカしてたわけで、今回のアサシンフォースもXADOも、その流れをくんでいると思うのよ。
(A機)>今度のアクロイヤーXADOが、ミクロマンに擬態している時(?)のダミーヘッドがついているのも、封印のお経が書き込まれているのも、まさにそんな感じですねぇ。
(栄輝)>俺さ、今回のアサシンフォースの設定って、最初きいたとき正直イヤだなって思ったんだよね。
(A機)>それはモチーフとなっている必殺シリーズに思い入れがないからなのでは?
(栄輝)>それもあるのかもしれないけど、ミクロマン社会の中でのドロドロした内ゲバ一歩手前な物語なんじゃないかと思って。
(A機)>そのへんのオフィシャルなストーリー展開は、クアントの連載を楽しみに待つとして、ミクロマンって、オレ脳内ストーリーで楽しめばいいんじゃないですか。
(栄輝)>もちろんオレの脳内ストーリーは自由に展開させてもらうからいいんだけど、パッケージとしての設定がそんなドロドロしたものになるのは、どうだろうかと。まぁ、実際はそれほど内ゲバってわけではなくて、歴史の表舞台に現れないミクロマンとアクロイヤーのもうひとつの戦い、みたいなイメージでとらえてるんだけど。あとさ、EXOもきらいじゃなかったけど、XADOをみてからあらためて見返してみると、あいつらって珍妙な連中だったんだなぁとつくづく……。
(A機)>棺桶皇帝にタコにカニにエイですからねぇ。
(栄輝)>それはそれですきなんだけどね。どっちかというとそういうところにミクロマンらしさを感じたりしてたし(笑)
(A機)>因果なホビーだなぁ。

商品イメージ
アサシンフォース ミクロマンショウマ AF2-01[Amazon]

商品イメージ
アサシンフォース ミクロマンキョウシロウ AF2-02[Amazon]

商品イメージ
アサシンフォース ミクロレディユメ AFL-01[Amazon]

商品イメージ
アクロイヤーXAN アクロヒドウ AX-41[Amazon]

商品イメージ
アクロイヤーXAN アクロムザン AX-42[Amazon]

商品イメージ
アクロイヤーXAN アクロセツナ AL-41[Amazon]
posted by 多村えーてる at 14:55| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック