2005年02月23日

クリエがなくなる日

国内のPalm市場を席巻し、本家はもとよりすべてのPalm陣営を日本から一掃した挙げ句、撤退。ソニーらしい堪え性の無さ。PDAカテゴリの商品がニッチであることなんて、最初から分かっていただろうに。

ひとつはっきりしているのは、Mandal-Art(マンダラート)にとってはまたしても受難の時が訪れた、ということ。

ソニー、クリエの新機種投入を終了〜現行機種は7月末まで生産(PC Watch)
posted by 多村えーてる at 16:23| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 嘆きのデジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやほんと、同じコト思いました。歩いた後は草も生えない。
結局、sonyがPalmプラットフォームでやりたかったことって、PSPでもいいんでしょうね。ぶつくさ。
いずれスマートフォンに移行するのかと思ってたんですけどねぇ。
Posted by まつむらまきお at 2005年02月24日 01:35
クリエ開発者の人たちはPalmというプラットフォームにも愛着があったようなんですけどねぇ。
ソニーに目を付けられたのが結果的には裏目に出た…かどうかはわからないけど。
もしクリエなんてものが出てこなければ、日本のPDA市場はいまだにニッチで楽しくやってたのかもしれないし、もっとはやく消滅していたのかもしれないし。
Posted by 多村えーてる at 2005年02月24日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック