2012年06月07日

HGUCアンクシャをつくる(120607)

イメージ

(A機)>四日目です。腰と肩がつきました。
(栄輝)>この股間部の謎のそそり立つものが、これまた謎パーツで。
(A機)>TMSに変形したときの機首
(栄輝)>元のアッシマーにはなかった部分だけど、カトキさんは、いったいどういうバランスを目指したのかねぇ。アッシマーは上の円盤部分が主体で、下半身は目立たないように変形させてたけど、アンクシャはまた違ったバランスを目指しているから、釣り合いをとる必要があったのかもしれないけど、いまのところよく分かんない。
(A機)>解釈は保留ということで。
(栄輝)>ちょっとだけ付け加えると、アンクシャはヒレがいっぱいついていて、それらが高度に可変してバランスをとっていると思わせるデザインをしてるから、先端部にもちょっと何か生やしておいたほうがバランスがよかったのかなぁと。アッシマーよりも複雑で繊細な印象?
(A機)>アッシマーは「円盤だから飛ぶ」みたいな説得力がありますよね。
(栄輝)>どうやって飛んでるんだろうな、こいつら。

商品イメージ
HGUC 1/144 RAS-96 アンクシャ[Amazon]


商品イメージ
HGUC 1/144 RGZ-95 リゼル ディフェンサーbユニット[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 08:55| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | GUNDAM UC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック