2013年06月18日

MGハイザックをつくる(130618)

イメージ

(A機)>再開三十四日目です。えーと今日は……。
(栄輝)>フレームの底にプラ板がくっついてるだろ。そこだよ、そこ。
(A機)>あー、このプラ板を。
(栄輝)>右脚のパーツをきっちり計測して切り出して貼ったんだけど、なんでかリーチが足りないんだよ。
(A機)>その原因究明に時間がかかったと。
(栄輝)>どうやら先日取り付けたダボの位置が、1ミリちょい前方過ぎたらしい。このプラ板は、カカトのパーツの内側にピタッと当たって固定できるようになってるんだけど、1ミリ届かない。
(A機)>それでは固定できない。
(栄輝)>先っちょに1ミリ継ぎ足そうかと思ったんだけど、この1ミリのズレが他のところに影響しないとは限らない。いやむしろかならずどこかで調整しようのない歪みにつながる。
(A機)>だからダボのほうをやり直したというわけですね。
(栄輝)>同じ形状のものをもう一つ作るだけなのに、かなり手間取る。自分のスキルの低さが口惜しいわ。

商品イメージ
MG 1/100 RMS-106 ハイザック[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 08:52| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック