2018年08月02日

メカトロウィーゴRSをつくる(180802)

イメージ

(A機)>四日目です。
(栄輝)>ここからは少しずついじっていくぜ。何をどこまでいじくっていくかのさじ加減が難しいな。
(A機)>ぶっちゃけ、カラーリングだけでそれらしく表現することだってできますよね。
(栄輝)>ちょっとだけ付け足したり、入れ替えたりして。そういうのを世間ではセンスって呼ぶのだろうけど、自分にとって大事なのは、工作するかしないか、なのだ。模型工作オアダイ。
(A機)>オアダイ。
(栄輝)>プラ板とパテで時間かけてやれば、そりゃたいていのことはできるわけで、そこをそれらしいパーツを流用してうまく表現するのか、あるいは割り切ってスジボリとか塗装で済ませるのか、意匠のパーツをくっつけるのか、入れ替えるのか。すべては工作の選択なのだ。
(A機)>で、今日は肘ブロックを作った。
(栄輝)>膝ブロック!いや、肘ブロックか。そのまんま付けられるパーツがなかったから、ジャンクパーツを切ったりプラ板でフタをしたりして作ったけど、今回はまだエンジンの掛け始めってこともあって、ちょっと臆病になってスクラッチしすぎたかも。
(A機)>臆病だとスクラッチしてしまう。
(栄輝)>あらためてよく見たら脇のインテーク風パーツなんてそのままもってこれそうじゃん? 2体セットなんだから、もう1体から持ってきたってよかった。うっかり久しぶりのプラ板加工にはしゃいでしまった。
(A機)>なるほど、奥深いようなただ面倒くさい理屈をこねているだけのような。
(栄輝)>理屈をこねるひまがあったらエポパテこねろと言いたいのか、君は。
(A機)>……(本人はうまく落としたつもりです)。

商品イメージ
メカトロ ウィーゴ No.11 RS モリノ&アッシュ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。