2020年07月07日

HGUCガンダムTR-6[キハールII]をつくる(20-0707)

イメージ

(A機)>六日目です。
(栄輝)>モビルアーマー形態に変形。基本的にウーンドウォートのまわりにキハールIIユニットが円盤っぽく配置されているわけか。面白いな。胸からまっすぐ伸びていた姿勢制御バインダーが左右にわれて後ろ向きに配置されるのも、頭でわかっていても実際にやってみてようやく「あーたしかにそのとおりだな」と思える感じ。

イメージ

イメージ

(栄輝)>これ、上がモビルスーツ形態用のパーツで、下がモビルアーマー形態用のパーツなんだけど、上は凹みになっているディテールが下は凸になってるんだよな。
(A機)>金型の抜きの都合……。
(栄輝)>今回、凸ディテールは全部スピンブレードで彫り直したんだけど、ここも結局パーティングラインを消す時に難儀するから削り取ってスピンブレードで彫った。このパーツでディテールの凹凸も金型とのせめぎあいがあるんだなってことが分かったよ。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | AOZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。