2007年10月26日

超合金魂 GX-39 バイカンフー

(栄輝)>俺さ、ゴーディアンのシステムを最初に見たときものすごい衝撃受けたんだよね。考え方としては鯛焼き方式、マトリョーショカ方式なんだけど、関節軸を重ね合わせる整合性のとりかたとか、何段階にも重なっていくことの重層的なパワーアップ方法とか、イマジネーションがはじけたというか。本編はきちんとみたことないので作画がどうだったかとか、実際の戦い方が剣ふりまわしてるだけだったとか、そういうことは無関係に。
(A機)>バイカンフーってゴーディアンのリデコなんですか?
(栄輝)>どうなんだろ。基本的な仕掛けは同じなんだけど、ディテールなんかはまるっきり別物だから、「同じ機構を使った玩具」でしかないんじゃないかな。で、アニメのマシンロボのノリっていうのは、素直に受け入れることはできなかったんだよね多感なお年頃だったから(笑)
(A機)>はぁ、お年頃ですか。お年頃じゃあ、仕方ないですね。
(栄輝)>とはいえ毎週みてたんだけどな。「べ、べつにこの作品がすばらしいから見てるんじゃないんだからね」みたいな言い訳を自分にしつつ。
(A機)>クスクス、難儀なお年頃で。
(栄輝)>バイカンフーってネーミングもアホアホだと思ってたし、ロム兄さんの自己陶酔丸出しの口上を聞くたびに「ケッ」て悪態つくのが一種の醍醐味になってたな。でさ、バイカンフーってゴーディアンより1段階ガワが足りないだろ? そういう劣化したところもちょっと不満だったんだよ。
(A機)>元のゴーディアンはダイゴ少年が乗り込むプロテッサー、その上にかぶさるデリンガー、最大級ロボのガービン、これらを総称してゴーディアンと呼んでいたそうですね。ちょっと調べてみました。
(栄輝)>そう、1体分足りないんだよな。もっとも、玩具のゴーディアンもダイゴはゴム人形みたいなのになってたから、そこを排除してロムプロテッサーに相当する部分にロム兄さんをあてはめるのはアリなのかもしれないけど。
(A機)>やっぱバイカンフーとゴーディアンとは別物ってことでいいんじゃないですか?
(栄輝)>そうかもな。それはともかく、超合金魂のバイカンフーは、そのアレンジ加減の絶妙さには感心してる。劇中でもこんなにかっこよかった記憶ないんだけど、大張イズムがいい塩梅で立体に落とし込まれてる。このプロポーションであの合体機構が仕込まれていてなおかつ可動も練り込まれてるとなると、なるほど一度くらいはいじくってみたくなる。マシンロボという作品にはいまさら思い入れはないんだけど、こいつはロボット玩具としてはいい味付がされてそうだ。
(A機)>発売は一ヶ月後ですね。

商品イメージ 
超合金魂 GX-39 バイカンフー[Amazon]
ラベル:超合金魂
posted by 多村えーてる at 15:07| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック