2020年05月07日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0507)

イメージ

(A機)>二十六日目です。
(栄輝)>主翼をプラ板でスクラッチ。適当なキットがあれば使いたかったんだけど、どうも思っているような状態のものが見当たらなかったので、こりゃもう作るしかないかと。
(A機)>ダブルゼータのときもやりかけていて、直前で回避した主翼のスクラッチですが、今回ばかりはそうもいかなかったと。
(栄輝)>固定方法とか考えたら、あまりノウハウがないのでここまで大胆なスクラッチはやりたくなかったんだけど、とりあえずやってみるか。
(A機)>ここまでまったく話題にしてませんけど……前進翼。
(栄輝)>そういえば、言いそびれてた。
(A機)>わざと忘れた振りで。
(栄輝)>まえからゼータ系の前進翼機ってなんでないのかなぁって思ってたんだよ。SEED系でムラサメがあるけど。
(A機)>つまりムラサメがあるからってことじゃないですか。
(栄輝)>いや、ムラサメが出てくるまでに10年近くあったんだから、そのあいだに一人ぐらいはやっていてもよかったと思うよ? で、連休中にちょっと検証はしてたんだよ。まずはキットの主翼をそのまま逆さまに付けてみた。

イメージ

イメージ

(A機)>シュッとした感じで、これはこれでいいんじゃないですか。
(栄輝)>前進翼の不安定な感じはこれでも十分だよな。でもあまりにまんまなので面白くない。というわけでダンボールプロトタイピング。

イメージ

イメージ

(A機)>Gフォートレスのときもダンボールで主翼の検討やってましたね。
(栄輝)>別に使い勝手のいい素材じゃないんだけど、切った張ったできる素材でたまたま手近にあったので今回もやってみた。テール・スタビレーターに尾翼を追加したらけっこう雰囲気が変わったので、これは面白いんじゃないかと思う。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0506)

イメージ

(A機)>二十五日目です。
(栄輝)>ウィングバインダー側にヘキサギアのジョイントを仕込んで、接続を確実なものにバージョンアップしたぞ。あと腕との隙間もプラ板を張り込んで詰めた。細かい表面処理とかはあとでまとめてやる。それから、脚部の方もネオジム磁石で着脱機能を確保しつつ固定できるようにしたぞ。
(A機)>丸い磁石だからグルグル回りますね。
(栄輝)>あとで膝上あたりにもうひとつジョイントを仕込むつもりだから、今はこれでいいんだよ。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0505)

イメージ

(A機)>二十四日目です。
(栄輝)>腕部に横穴をあけてプラ棒を通した。これでウイングバインダーを固定できるようになったので、写真のようにランディング・ギアを付けても自立するようになったぞ。

イメージ

(A機)>上から見るとプラ棒が見えてますね。
(栄輝)>まだちょっとプラプラというかスコスコな状態だな。プラ棒を通したので位置決めはできたんだけど、固定方法としては見直しが必要な状態。あと、フンドシ部分の後輪が設置しなくなっているのは想定済なので後で対応する。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0504)

イメージ

(A機)>二十三日目です。
(栄輝)>股間フレームを切り詰めてフンドシが腕部に密着するぐらいまで詰めた。フンドシ装甲も角度をいろいろいじってなるべく厚みがなくなるようにしたり。パーツに切れ目をいれて、曲げてから瞬着で固めて表面処理をするという、わりと地味な工作の繰り返し。さらに飛行用サブユニットのエアインテークっぽいパーツも加工。
(A機)>吸気して何をするのかイマイチ不明な謎インテーク。
(栄輝)>だがサイズアップさせて存在感は強調させたいのだ。2ミリ幅を広げた。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0503)

イメージ

(A機)>二十二日目です。
(栄輝)>腕の付け根の軸をボディ側に貼り付けたプラ板から生やすようにして、肘の内側にはネオジム磁石を仕込んだ。これで位置が決まって、なおかつ着脱もできるようになった。さらに股間フレームにポリキャプを仕込んだ。
(A機)>ディスプレイスタンド以前のキットですものね。
(栄輝)>2001年は思いのほか昔ってことだなぁ。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0502)

イメージ

(A機)>二十一日目です。
(栄輝)>腕のラインと位置を整える工作にとりかかる。具体的には外側の肩パーツをくさび状にカットしてラインを水平にしたり、上腕にもヤスリをあてて上下のラインをそろえた。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0501)

イメージ

(A機)>二〇日目です。
(栄輝)>脚部の位置を検討して、腰フレームを切り詰めたり。ボディは胸部の幅が少し狭まっているのに「背中」のパーツはそのままだったんだけど、ここも詰めて側面のラインを揃えた。これでかなり両脚の位置が内側に寄った。
(A機)>まとまり感がアップすると同時に、リアスカートが入らなくなりましたね。
(栄輝)>ぐぬぬ。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0430)

イメージ

(A機)>十九日目です。
(栄輝)>右フトモモも90度曲げたぞ。ついでにフレームの微妙に干渉していた部分をさらに調整して、フィット感アップ!怪我の功名!
(A機)>また一歩完成に近づいた。

イメージ

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0429)

イメージ

(A機)>十八日目です。
(栄輝)>昨日の流れではやらざるを得なかったので、フトモモの向きを変えた。
(A機)>おー、やりましたね。
(栄輝)>フレームぶった切って、ネオジム磁石を仕込んだ。これはMGゼータのときもやった工作だし、どのみち塗装の手間とか考えたらいずれやるべきことだったのでいいかと。しかし90度回転させるということは、フトモモだって前後左右で厚みは同じじゃないのよ。だから裏打ちしてギリギリまで削り込む必要がでてくるし、おまけにフトモモの裏側はカットしちゃってたから再生しないといけないし。
(A機)>クリアランス確保のために切り欠いたけど、実際はフレームにまったく干渉しなかったという。
(栄輝)>そのとおりだよ。やらなくていい工作で失った部分を、今度はプラ板で再生するという。今回この作業がわりと多いぞ。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0428)

イメージ

(A機)>十七日目です。
(栄輝)>前腕の六角形のパーツをカットしたり、いろいろと削り取りながら、機体の厚みを検討。ウィング・バインダーの位置が決まると、最終的な機体の厚みも決まるはずなんだけど、ここまで作業してようやくわかったのは、ウィング・バインダーの位置を決める要素はフトモモだったという。
(A機)>フトモモ。
(栄輝)>キットのフレームはなるべく活用するつもりでいるんだけど、これがネックになるんだわ。フトモモの高さがフレームの軸によって決まってしまう。
(A機)>ボディの横にフトモモが付くかたちになるから、ウィング・バインダーはフトモモより下になる。
(栄輝)>ゼータのときはそれでよかったんだよ。フライングアーマーも逆V字になるから。あらためて資料を見返すと、ゼータプラスってフトモモの半分以上がボディより上に出ているんだ。

イメージ

(A機)>たしかにすごくせり上がっていますけど、D型を規準に考えるのはハードル上がりすぎませんか。
(栄輝)>当時、この絵のインパクトはそりゃすごかったもんだ。分かりやすい例として出しただけで、フライングアーマーに厚みをもたせるとかは、今回はやらないから大丈夫だ。いっそD型にあわせてウィング・バインダーにフトモモの収まる切り欠きを入れるって方法もある。これ、A1型にはないんだけど、D型では切り欠きがあるんだよな。よし、大丈夫だ。
(A機)>(大丈夫の定義……)

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0427)

イメージ

(A機)>十六日目です。
(栄輝)>胸部が固定できたら、次に考えなければならないのは、背中が側のクリアランス。腕が折りたたまれて、それを挟み込むようにフライングアーマーが付くのだから、このへんの位置決めをどうするかが重要なのだ。
(A機)>フライングアーマーの腕の形状に沿った切り欠きまであるんですね。
(栄輝)>これがまた微妙に合ってなくてなぁ。あまり気にしないで勢いで組もうと思うけど、肩パーツのラインがガタガタしているのをととのえたり、肘フレームの部分を詰めたりしようと思う。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0426)

イメージ

(A機)>十五日目です。
(栄輝)>ようやく胸部パーツを接着した。角度を調整してピタッと接着できたら……と思ってやってたんだけど、削ったり反対にプラ板を貼り足したり、ずいぶんやったけど最後は瞬着パテで強引に隙間を埋めて対応。難しいもんだなぁ。
(A機)>それよりもインテークが。
(栄輝)>いやぁ、昨日まで何かおかしいなぁぐらいにしか思っていなかったんだけど、インテークの内側とコクピットハッチの間、かなり隙間があいてるのおかしくないか? と思ってさ。ここ、胸の中央ブロックよりも内側まで入り込んでいるべきだったんだな。ここに至るまで気が付かなかったよ。仕方ないので前のパーツは破棄して作り直した。とりあえずガッと作り直しただけなので、まだっ細かい調整はしてないけど、大きくなったのはいいことだと思いたい。
(A機)>三歩進んで二歩下がる。これもまた模型道。
(栄輝)>あとシールド側の底を削って、コクピットハッチはキットよりもめり込むようにした。前方の角度はあとで変える予定。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0425)

イメージ

(A機)>十四日目です。
(栄輝)>コクピットハッチの付け根の部分、そこまでカーブしてなくてもいいだろってぐらいカーブしてるので、思い切って切り飛ばしてプラ板で角度を変えた。それから、胸部パーツを固定するためにいろいろすり合わせしているんだけど、変形用のクリアランスで隙間が生じていた分を埋めるためにプラ板で延長。これを二回繰り返した。
(A機)>なぜ二回。
(栄輝)>一回目の延長で足りると思ってやってみたらまだ隙間が目立ったんだよ。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月24日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0424)

イメージ

(A機)>十三日目です。
(栄輝)>加工する時に削り取った胸の左右の突起を再生する加工。
(A機)>MGゼータの時にやったのと同じ手法ですね。
(栄輝)>手間はかかるけど、かっちりとした仕上がりになるので、今回も採用した。この突起についても資料をいろいろ見ると、ムックのA1型には付いていないディテールなんだよな。
(A機)>当時のキットもついていませんね。
(栄輝)>よくみるとC4型には付いている。ストレーキのエグレもそうだったけど、C4型はゼータに寄せた意匠がいろいろ取り入れられて、この突起もそのひとつなんだろう。
(A機)>ところで『プロジェクトゼータ』の表紙を飾った胸像モデルには突起がありますね。
(栄輝)>なんだと? おおっと、『ミッションダブルゼータ』のゼータプラス第6稿にもついてるな。もしかしてわりと適当……。
(A機)>当時のいわゆるワークスモデルでも付いていたり付いていなかったりしますね。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0423)

イメージ

(A機)>十二日目です。
(栄輝)>右胸もえぐれ加工。反対側をゲージに作業していくんだけど、手数は変わらないのでかかる時間もほぼ同じだった。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0422)

イメージ

(A機)>十一日目です。
(栄輝)>胸部の形状、今回は思い切ってえぐれさせた。昨日までは天面はプラ板で新造かなぁと思っていたんだけど、結局キットを切った貼ったしてえぐれさせた。
(A機)>ストレーキのえぐれもお約束ですね。
(栄輝)>いやそれが、確認してみると思いのほかキットのままの作例が多いんだよね。当時のカトキ画稿、A1型・C1型ともにモビルスーツ形態ではえぐれていないんだけど、ウェイブライダー形態はえぐれている。変形機構の図解ではえぐれている。C4はモビルスーツ形態・ウェイブライダー形態ともにえぐれている。さらによくみるとウェイブライダー形態のバリエーションはすべてえぐれているな。
(A機)>描かれた時期によるんでしょうかねぇ?
(栄輝)>そして最初に作られた立体物もえぐれていなくて。そういえば当時の1/144キットは味も素っ気もない三角形の板だったことを思い出した。
(A機)>センチネル本の「君にも作れる」でも、この部分はまったく触れていませんね。
(栄輝)>いろいろ見比べると、力を入れるポイントにも温度差があるもんだな。カトキ氏ノータッチのMGゼータVer.2.0は律儀にエグレさせていて、初代MGゼータへのリスペクトがうかがえるというか、初代MGゼータよりは控えめなサイズになっている。このへんはむしろアニメ用の設定画にあわせたボリューム感と考えるべきかな。
(A機)>「マスターアーカイブモビルスーツ」のゼータの巻でも、ゼータのバリエーションはすべてえぐれている中で、ゼータプラスだけえぐれていないようですね。
(栄輝)>なるほど。つまりこれは「ゼータプラスのストレーキはえぐれていない」と認識している層が確実にいるってことだなぁ。興味深い。
(A機)>ディテールひとつでなんぼでも語れる……そんな人を応援しています。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0421)

イメージ

(A機)>十日目です。
(栄輝)>インテークの断面にあわせて胸部の角度をいじることになったけど、そのまま角度だけ変えると厚みが増えてしまう → 胸部の左右ブロックは天面をプラ板で作り直したほうがいいかもしれない → 切り離したけど、どこを起点にするかもう一度考え直さないと → インテークの収まりから調整していかないと左右ブロックの落とし所が見えないままだし、センターブロックもそのままだとガチャガチャし過ぎるから面を均したり角度変えたりするか → インテークは塗装のときまで着脱できたほうが便利だけど、今そのことまったく考慮してないよな。インテークの中もキットのものはそのまま使えないから新造しなくちゃ。
(A機)>さてこんがらがってきましたよ。
(栄輝)>だ、大丈夫だぞ。たぶん大丈夫だぞ。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0420)

イメージ

(A機)>九日目です。
(栄輝)>インテークの断面形を下がり眉にしたので、ボディもそれにあわせて変える必要がある。とりあえず中のダボを削り落として、面と面の接合部にはのこぎりを入れて曲げるところまで。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0419)

イメージ

(A機)>八日目です。
(栄輝)>今日からボディに取り掛かることにした。ボディの形状をどこから決めていくか。めいっぱい考えて、インテークの形状を変えるところからにした。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月18日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0418)

イメージ

(A機)>七日目です。
(栄輝)>フトモモの後ろ側の装甲パーツを取り付ける。これをやるためにスネの装甲の両側を1ミリずつカットして、あとは地道にすり合わせ。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする