2019年10月27日

MG F90をつくる(191027)

イメージ

(A機)>十九日目です。
(栄輝)>赤、黄の塗装。黄色の部分はスラスターノズルとそれ以外で違いをつけることにして、スラスターは金色に。

イメージ

(栄輝)>メインの白塗装がまだなので、取り付けられるパーツだけ取り付けてみた。デュアルモデル感があってこれはこれでいい感じ。
 
posted by 多村えーてる at 18:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

MG F90をつくる(191020)

イメージ

(A機)>十八日目です。
(栄輝)>青の部分は、ホワイトで軽く下地を吹いた上にスージーブルーを吹いた。F90の青とは若干色味が違うんだけど、そこはあえてこだわらないことにした。
(A機)>ソールのサフ吹きはどうでしたか。
(栄輝)>ここだけサフ吹き状態ってことでお察しください。
(A機)>なるほど。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

MG F90をつくる(191015)

イメージ

(A機)>十七日目です。
(栄輝)>捨てサフ吹くまでもなく、面が整っていないところとかあったので、じっくりヤスリがけした。かなり整えられたつもりだったけど、いざカメラで撮ってみるとがっつり巣が入っている箇所がある……。このサイズになると老眼ではわからなかったり、指先でも感知できないんだよな。ピンセットの先でなぞったらはっきり分かったけど。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

MG F90をつくる(191014)

イメージ

(A機)>十六日目です。結局、いじり始めちゃいましたね。
(栄輝)>カッターナイフで軽くケガいて、黒く塗るぐらいで済ませるつもりが、気がついたらコリコリと削り込んで、そこから泥縄状態に……。
(A機)>思いっきりプラ板工作しちゃってますね。
(栄輝)>作業自体はそれほど難しいものじゃないんだけど、やりだすとどうしても仕上げに時間かかるよなぁ。

イメージ

(A機)>というわけで残り3箇所も工作完了ですね。
(栄輝)>溶きパテ塗ったら、なんとなくちゃんとできているような気がしなくもなく。
 
posted by 多村えーてる at 18:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

MG F90をつくる(191006)

イメージ

(A機)>十五日目です。
(栄輝)>フレームのパーツにフレームメタリック2をブワーッと吹いた。
 
posted by 多村えーてる at 18:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

MG F90をつくる(190928)

イメージ

(A機)>十四日目です。
(栄輝)>袖のディテールを彫り込んだ。本当は胸のカウルの上部やふくらはぎの両脇みたいに抜けているのが正解なんだろうけど、そこまで繊細な工作はなかなか厳しいので、彫りを深くするのが精一杯。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

MG F90 E-TYPEをつくる(190922)

イメージ

(A機)>電子戦仕様のE-TYPEですね。
(栄輝)>新規デザインのE-TYPE、組んでみて初めて気がついたんだけど、全部のマウントラッチを使っていないのな。両腕、両腰、両脚には何もつかない。
(A機)>背中の巨大レドームが目立つからか、あまり気にしていませんでした。
(栄輝)>全部のマウントラッチを使わないミッションパックは他にもあるんだな。I-TYPEとL-TYPE。で、そいつらはF90II、2号機の装備として発表されてるんだ。
(A機)>初期にデザインされたミッションパックは全部のマウントラッチを使うという縛りを忠実に守っていたんですね。
(栄輝)>じつはA-TYPEの前スカートのラッチはそのまんまのようだったので、こいつは例外なのかと思ったんだけど、カラーの設定画を見ると色が変わっているので、ここも形状は同じだけど換装したと解釈できそう。
(A機)>簡易パックだったから一日で組み上がりましたね。
(栄輝)>今度出るF-TYPEも、確認したら簡易パックだったわ。新規デザインのミッションパックは、この路線で行くのかもしれないなぁ。

イメージ

イメージ
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

MG F90 S-TYPEをつくる(190921)

イメージ

(A機)>六日目です。
(栄輝)>左腕の武装も出来上がって、パチ組み完成。こうして実際に出来上がったものを見ると、脚のクルージング・ミサイルを発射するのって、かなり難しそうだな。
(A機)>両腕が邪魔になりますね。
(栄輝)>ケーブルも引っかかりそうだ。F90のミッションパックは、ちょっとノリでデザインしている感があるんだけど、こういったところによく現れているなぁ。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

MG F90 S-TYPEをつくる(190920)

イメージ

(A機)>五日目です。
(栄輝)>左側メガ・ビーム・キャノンと肩のロック機構を組んだ。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

MG F90 S-TYPEをつくる(190919)

イメージ

(A機)>四日目です。
(栄輝)>左側の装備も組み立てていく。アウトリガーの下駄にパーティングラインがあるのだけど溝の中にがっつり出てきて、これをきれいに取り除くのがなかなかの手間。最初は気にしない方向で考えていたんだけど、やっぱやり始めると「どうせなら」って思うんだよな。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

MG F90 S-TYPEをつくる(190918)

イメージ

(A機)>三日目です。
(栄輝)>脚部のクルージング・ミサイル、いわゆる巡航ミサイルって奴だけど、ミノフスキー粒子の影響下でここまではっきりとミサイルを装備するっていうのも、なかなか野心的な装備だな。
(A機)>サナリィ驚異のフォーミュラー計画。
(栄輝)>アウトリガーは設定画からかなり大型化されてるな。旧キットのことはずいぶん忘れてしまったけど、ここはもっとちまっとしたささやかなパーツだったのはよく覚えてる。アレンジとしてはアリだと思う。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

MG F90 S-TYPEをつくる(190917)

イメージ

(A機)>二日目です。
(栄輝)>組立説明書では左右同時に組み立てるよう指示されているのを、あえて右側のパーツを集中的に組むことにした。肩をロックするパーツは、特にラッチとの接続はないみたいだけどいいのかな。
(A機)>ポージングの自由度ありきですかねぇ。
(栄輝)>そうかも。あと設定画と見比べて気がついたんだが、メガ・ビーム・キャノンのカートリッジがかなり大型化されてるのな。

イメージ

(A機)>ほんとだ。ずいぶんバランスが違いますね。しかも設定画は手前のほうはカートリッジを外した状態になってますね。
(栄輝)>キットはそこは再現してないな。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

MG F90 S-TYPEをつくる(190916)

イメージ

(A機)>ここからはミッションパック編ですね。
(栄輝)>いちおう別勘定でカウントしておくか。といいつつ、じつはF90本体のディテールを自分なりに設定画に近づける加工をするかどうかの検討もしてた。プラ板で試作してみたんだけど、この方法もちょっと思ったようには精度が出せそうになかったので、一旦は断念した。あと頭部を一旦ばらして、フェイスマスクのスジ彫りをやり直したり、ヒサシの付け根のスリットをシャープに削り込んだりといった細かいこともやったから、実質F90本体の続きではあるな。S-TYPEはE-TYPEとセットなんだけど、同じランナーに両方のパーツが配置されてるから、バラ売りはなさそう。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

MG F90をつくる(190915)

イメージ

(A機)>十三日目です。ガンダム大地に立つ。
(栄輝)>とりあえずパチ組み完了ってことで。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

MG F90をつくる(190914)

イメージ

(A機)>十二日目です。
(栄輝)>脚のフレームをガンガンと組んだ。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

MG F90をつくる(190913)

イメージ

(A機)>十一日目です。
(栄輝)>ソール横の処理をどうするかしばらく考えていたんだけど、いい解決策が浮かばなかったのでとりあえず組み進めることにした。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

MG F90をつくる(190912)

イメージ

(A機)>一〇日目です。
(栄輝)>脚部の建造に着手。まずは足先から。アキレス腱のフレームの溝を彫り直したんだけど、もうちょっと下まで掘らないとすっきりしないなぁ。それとソール部分の横のラインが妙にガタガタしているのが気になったので確認してみたんだが……。

イメージ
イメージ

(A機)>設定画だとエアインテークっぽいディテールになってますね。
(栄輝)>そうなんだよ。キットはアウトラインだけなぞったからこうなってるんだな。これはけっこう悩ましい部分。よくみるとアンクルアーマーへの繋がり方とか、カカト部分の形状もずいぶん違ってるし。
(A機)>アレンジの中の取捨選択ってことですかねぇ。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

MG F90をつくる(190911)

イメージ

(A機)>九日目です。
(栄輝)>前腕の青い外装パーツと、肩のパーツを組んで上半身完成。この肩のデザインなんかも、Mk-IIあたりと比べてもいまいち面白みのないデザインなんだけど、RX-78をベースに面構成を複雑にしたって考えたら、なるほどこれもアリなのかなと思えてきた。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

MG F90をつくる(190910)

イメージ

(A機)>八日目です。
(栄輝)>前腕部のロール軸のところ、はっきりと段落ちモールドになるようにラインチゼルで彫り直した。このキットで一番モヤッとしていた部分だったから、これで気分よく進められるぞ。
(A機)>そういえばRGクロスボーンガンダムもここにロール軸がありましたね。
(栄輝)>あれもキットのオリジナルアレンジだっけ。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

MG F90をつくる(190909)

イメージ

(A機)>七日目です。
(栄輝)>前腕部の建造。うっすらとだけどパーティングラインが出るので丁寧に処理。このキット、前腕部にロール軸が設定されているんだけど、設定画をみるとその部分ってわりとはっきりとした黒い溝になってるんだよな。キットはあいまいなエッジになっていてちょっとだらしない。
(A機)>反対に、上腕部の溝は設定画にはなかったものですね。
(栄輝)>ほんとだ。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM F90 & F91 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする