2019年01月11日

1/35 メカトロ チャンクをつくる(190111)

イメージ

(A機)>五日目です。
(栄輝)>パチ組み完成。
(A機)>サクッと大地に立ちましたね。

イメージ

(栄輝)>改造プランを試作モデリングしてみた。
(A機)>ぶっちゃけスネのラインだけですよね。
(栄輝)>そうなんだよな。肩パーツとかちょうどいいものがあるか探さないと。

商品イメージ ハセガワ クリエイターワークスシリーズ メカトロ チャンク No.01 オリジン&フォレスト 1/35スケール[Amazon]  
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

2019年01月09日

1/35 メカトロ チャンクをつくる(190109)

イメージ

(A機)>三日目です。
(栄輝)>右腕部の完成。前腕部のすごく微妙なアールを描いたパーツが左右でパチピタと嵌まっているのは、デジタル時代の設計の恩恵を感じる。

商品イメージ
ハセガワ クリエイターワークスシリーズ メカトロ チャンク No.01 オリジン&フォレスト 1/35スケール[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

1/35 メカトロ チャンクをつくる(190108)

イメージ

(A機)>二日目です。
(栄輝)>胴体部が思いのほか前後に厚みがあって面白い。

商品イメージ
ハセガワ クリエイターワークスシリーズ メカトロ チャンク No.01 オリジン&フォレスト 1/35スケール[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

1/35 メカトロ チャンクをつくる(190107)

イメージ

(A機)>ウィーゴのお兄さん。
(栄輝)>あとから出てきたけど確かにお兄さん感ある。キカイダー01か。はっ、ゼロワンっぽいカラーリング……。いやいやいや、それはともかく、ここのところコトブキヤのキットを連続して組んだり、最新最高のガンプラを組んだりしていたこともあって、メーカー違いによる味付けみたいなものが感じられて面白いな。
(A機)>ランナーのアルファベットタグが抜けていないところとか。
(栄輝)>こういうのはメーカーのポリシーだなぁ。

商品イメージ
ハセガワ クリエイターワークスシリーズ メカトロ チャンク No.01 オリジン&フォレスト 1/35スケール[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

WAVE 1/24 タチコマをつくる(181130)

イメージ

(A機)>三日目です。
(栄輝)>ここまではわりとパーツ精度が高くてパチピタ感があったんだけど、中央のグレネードとか腕のパーツの左右割はいまいち合いがよろしくないなぁ。
(A機)>アンダーゲートが干渉しているだけでは。
(栄輝)>いやいや、そこはちゃんとヤスリスティックあてて整えてるよ。たとえば手首の装甲とか、ダボがきつすぎて押し返されてしまうといった感じ。
(A機)>このキット、スナップフィット仕様なんですよね。
(栄輝)>パッケージにはそう書いてあるけど、部分的にでも接着はしたほうがいいと思う。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

WAVE 1/24 タチコマをつくる(181129)

イメージ

(A機)>二日目です。
(栄輝)>人間の乗り込むパーツ、いわゆるポッドの組み立て。メインのパーツが左右割になっているから、正面に豪快な分割線が来てるだな。
(A機)>「三つ目」の部分がちょっと残念なことになってますね。
(栄輝)>ほんとだ。ここも「三つ目」だったのか。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

WAVE 1/24 タチコマをつくる(181128)

イメージ

(A機)>てっきりフレームミュージック・ガール 初音ミクを組み始めるのかと。
(栄輝)>さすがにこれ以上のコトブキヤの連続摂取はよろしくないので、目先を変えることにしたよ。
(A機)>パワードアーマーから、ヘキサギアを経ての1/24スケールつながりです?
(栄輝)>サクッと組んでしまえるものということで手を付けたんだけど、そういえばこれ、ちゃんと塗装するとしないでずいぶん出来が違ってくるからどうしよう?って思って、当時そのまま積んでしまったキットだったわ。ともかく何も考えずにパチパチ組んでみよう。ボディパーツがアンダーゲートだったり、パーツの組み方も他のメーカーと違っていて、WAVEなりの模型論みたいなものが反映されている印象があって面白いなぁ。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

PGガンダム コア・ファイターをつくる(181110)

イメージ

(A機)>二日目です。
(栄輝)>パチ組み完成。
わりとヒケが多いのは当時のガンプラでよく指摘されていたことではあるかな。主翼の目立つ位置に押し出しピンの跡がでていたりするのもご愛嬌。キャノピーの引き込み式開閉が再現されていたり、内蔵の対艦ミサイルランチャーが再現されていたり、変形時に垂直尾翼が連動して変形するといったところがこだわりポイントかな。あとランディング・ギアも凝ったディテールになってる。こういうところをメッキ処理してしまうのは、いかにもキャラクタープラモっぽいところではある。タイヤの底面はフラットにはなっていない。このキット以降、いくつかコア・ファイターが立体化されたけど、それぞれにこだわりポイントに違いがあるんだよな。全部並べて検証したら楽しいと思う。
(A機)>モデルグラフィックス誌がたまにやるアプローチですね。

イメージ

商品イメージ
PG 1/60 RX-78-2 ガンダム[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

PGガンダム コア・ファイターをつくる(181109)

イメージ

(A機)>1998年のキットです。
(栄輝)>当時、ガンダム本体だけ組んで満足したのか、コア・ファイターと武器類をそのままにしちゃってたんだよね。で、このコア・ファイターはわりとコア・ファイターの機構を再現しているのだから、そのうち組み立てようと思い続けて……。
(A機)>二〇年間忘れていたと。
(栄輝)>思い出したからいいんだよ。で、実際に組み始めて最初に思ったのは「やっぱりパイロットはちょっと小さいな」ってことだったんだけどね。
(A機)>1/72ぐらいに見えなくもないですねぇ。
(栄輝)>やっぱこのコア・ファイターでもリュウさんは乗れそうにないな。あと、わりと盛大にヒケがあるのは、この頃のキットの特徴といえば特徴か。

商品イメージ
PG 1/60 RX-78-2 ガンダム[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

ドルバック 1/24 ハーク・ソバットをつくる(181103)

イメージ

(A機)>四十七日目です。
(栄輝)>武器類も仕上がったので、ふたたびサフ吹き。塗装前の工作はこれで全部完了かな。
(A機)>おつかれさまです。
(栄輝)>35年前のキットだけど、ちゃんと工作したらちゃんと出来上がってくるもんだなぁ。さて、カラーリングをどうするかはこれからじっくり考えよう。
(A機)>カラーリング次第でパワードアーマーにもSAFSにも機動歩兵にも見えそうですものね。
(栄輝)>え? 単にグレネードガンをもたせたからハークにするか、キットのとおりにハーク・ソバットにするか考えてただけなんだけど。
(A機)>いやいやいや。

イメージ

(栄輝)>あと、右肩キャノンと背面のパックはいちおう着脱できるようにダボ接続にした。
(A機)>コネクタが突き出しているのが阿頼耶識システムっぽい?
(栄輝)>言われてみれば確かに。塗膜のこと考えると、そう頻繁に抜き差しできないとは思うけど、こういう加工はちょっと楽しいのだ。

イメージ

商品イメージ
HGBC 1/144 ボールデンアームアームズ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 18:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

ドルバック 1/24 ハーク・ソバットをつくる(181102)

イメージ

(A機)>四十六日目です。
(栄輝)>右肩キャノンの丈夫にカウルっぽいパーツを追加することにした。これでより元ネタの意匠を取り込めたと思う。

商品イメージ
HGBC 1/144 ボールデンアームアームズ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

ドルバック 1/24 ハーク・ソバットをつくる(181101)

イメージ

(A機)>四十五日目です。
(栄輝)>右肩キャノンの位置決め検討。背面に追加したブロックからつながっているということにした。ここにもボールデン関節を使う必要があるのかという意見もありそうだけど、他のジョイントパーツもいろいろと検討して、これに決めたのよ一応は。たぶんなるべくしてなったのだと思う。

商品イメージ
HGBC 1/144 ボールデンアームアームズ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

ドルバック 1/24 ハーク・ソバットをつくる(181031)

イメージ

(A機)>四十四日目です。
(栄輝)>グレネードガン、メインのパーツを接着してガタガタだったところを成形していく。パーツの厚みがけっこうバラバラで、カットした断面の厚みが揃ってないのを削り込んで整えたりさ、アナログ時代の金型ならではの苦労がけっこうあるんだよなぁ。

商品イメージ
HGBC 1/144 ボールデンアームアームズ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

ドルバック 1/24 ハーク・ソバットをつくる(181030)

イメージ

(A機)>四十三日目です。
(栄輝)>今日もグレネードガンの裏側を削る地道な作業。昨日切り欠いた部分は先にプラ板を貼ってパーツを補強してから作業を進めた。二本の桁状のパーツは、左手グリップの取付基部になるのでそのまま残すようにして裏側を削っていくと、中の指が見えるところまで。これはこれでおもしろいから残しておこうと思う。

商品イメージ
HGBC 1/144 ボールデンアームアームズ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

ドルバック 1/24 ハーク・ソバットをつくる(181029)

イメージ

(A機)>四十二日目です。
(栄輝)>グレネードガン、おおよその構成は決まったので、実際にグリップを仕込む工作を始めた。元のデザインだと後ろに飛び出したグリップを握るような感じなんだけど、前腕部が長くなった分、そのままだと収まりがよくないので、中にグリップを仕込むように変更。クリアランスの調整が大変なんだこれが。

商品イメージ
HGBC 1/144 ボールデンアームアームズ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

ドルバック 1/24 ハーク・ソバットをつくる(181028)

イメージ

(A機)>四十一日目です。
(栄輝)>宇宙の戦士の機動歩兵、パワードアーマーの両方の要素を盛った手前、ここまできたらSF3Dも入れなかった不公平だろうと、背面にラジエーター状のパーツを付けてみた。あと機動歩兵にならって、パワードアーマーには本来なかったスラスターノズルも追加した。
(A機)>機動歩兵のスラスターは1基ですが、2基並列にするとモビルスーツっぽい感じがしないでもないですね。

商品イメージ
HGBC 1/144 ボールデンアームアームズ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

ドルバック 1/24 ハーク・ソバットをつくる(181027)

イメージ

(A機)>四〇日目です。
(栄輝)>やっぱグレネードガンを再生することにした。

イメージ

(栄輝)>何の部品取りに使ったのかまったく思い出せないのだけど、先端部分を乱暴に切り取ってあるんだよな。
(A機)>マスキングテープが溶着しちゃってますね。
(栄輝)>ハーク本体は処分されてて、この武器だけ残っているのは、当時の自分も「このフライング・ソバットはちょっと使えない。パワードアーマーといえばやっぱりこいつだ」と思っていたんだろうな。
(A機)>でもパーツ取りに切り刻んでしまっているという……。
(栄輝)>わはは。失われた先端部はいい感じに三連装砲門が取り付けられたので通常の3倍にパワーアップさせたからこれでいいのだ。

商品イメージ
HGBC 1/144 ボールデンアームアームズ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

ドルバック 1/24 ハーク・ソバットをつくる(181026)

イメージ

(A機)>三十九日目です。
(栄輝)>さてここで問題です。このまま本体のみで完成させるか、逸脱していろいろやるか、どちらが懸命でしょうか。
(A機)>すごく嫌なフラグ立ててませんか。なんですかこの右肩キャノンは。
(栄輝)>「やるならYラックも付けろや」という声も聞こえてきたわ。なんというか「リスペクトしたいんだろ?リスペクトしてスッキリしたいんだろ?」という気持ちと「いやいやいや、それをやったらパワードアーマーとしての矜持が」みたいな気持ちがせめぎ合ってる。「軽率にリスペクトするぐらいなら、ちゃんと構えられるフライング・ソバットを作るべきではないのか、それがこのキットに対する誠実さではないのか」とか。
(A機)>「キットに対する誠実さ」……また何かと交信が始まった。

商品イメージ
HGBC 1/144 ボールデンアームアームズ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

ドルバック 1/24 ハーク・ソバットをつくる(181025)

イメージ

(A機)>三十八日目です。
(栄輝)>肩アーマーを接着した。このパーツ、アーマーといっても金属質の装甲ではなくて、少し弾力性のあるパーツなんじゃないかなぁと思ってる。

商品イメージ
HGBC 1/144 ボールデンアームアームズ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする