2013年06月01日

MGハイザックをつくる(130601)

イメージ

(A機)>再開十七日目。右腕部の工作が続きます。
(栄輝)>左腕でやったことと同じ加工をするだけなのに、ぴったり同じに仕上げるのがじつに大変。
(A機)>とはいえ、かなりいい感じなんじゃないですか。
(栄輝)>いやー、先端部がちょっぴり揃ってないんだよ。これ以上の精度を出そうと思ったら、両方共もう少し削るか盛るかしたほうがよさそう。思い切ってゼク・アインみたいに斜め一直線にカットするのが楽かもしれない。あるいはプラ板切り出して貼り付けるか……。
(A機)>次回も続きます。

商品イメージ
MG 1/100 RMS-106 ハイザック[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 08:41| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

MGハイザックをつくる(130531)

イメージ

(A機)>再開十六日目。右腕部の続きですね。
(栄輝)>ざっと削っていったんだけど、まだエッジが出てないのが写真でも分かるだろ? 最終的なすり合わせは次回だな。
(A機)>左右同じ状態に仕上げるのって、けっこうたいへんですよね。
(栄輝)>レジンで複製するのって、形状をそろえるのには有効なんだろうな。そこは徹底的にアナログな手法で進めていくわけだけど、精度を出していくためにも、ここからは慎重にやらないといけないんだが……。
(A機)>これもまた模型道。

商品イメージ
MG 1/100 RMS-106 ハイザック[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 08:47| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

MGハイザックをつくる(130530)

イメージ

(A機)>再開十五日目。右腕部の加工、わりと進みましたね。
(栄輝)>今回は、先にMr.SSPで裏打ちもしておいたから、削っているうちに穴が開くなんてこともないはず。それよりも、手首のポリキャップが妙に緩いと思っていたら、亀裂が入ってたわ。
(A機)>ガンプラでポリキャップの割れはめずらいしかも。
(栄輝)>代わりのポリパーツ、同じ形状のものがないから組み込むのにまた手こずりそう。

商品イメージ
MG 1/100 RMS-106 ハイザック[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 08:50| 奈良 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

MGハイザックをつくる(130529)

イメージ

(A機)>再開十四日目。前回話していた肘まわりの加工ですね。
(栄輝)>フチの厚みが途中で変わっているのが、どうにも気に入らなくて。そういうパーツなんだって解釈すればいいのかもしれないけど、それよりもキットから漂ってくる前腕部の一体感をまとめるための辻褄あわせがこの形状を許容しているんじゃないかと思えて、どうにかしたかったんだよ。
(A機)>1ミリのプラストライプを貼ってみました。
(栄輝)>スジボリ入れるのも難しい場所だし、簡単な方法で効果はでているんじゃないかと。

イメージ

(A機)>さらに右腕にもとりかかりました。前腕部の中を埋めるのは先送りですか?
(栄輝)>どんな具を入れるかすぐに思いつかなかったので、先にこっちを進めることにした。パーツを生かすように切り取らないといけないので、けっこう時間がかかるんだよな。
(A機)>次回は切り離せるところまで進むといいですね。

商品イメージ
MG 1/100 RMS-106 ハイザック[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 08:51| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

MGハイザックをつくる(130528)

イメージ

(A機)>再開十三日目。手首ボックスの加工ですね。
(栄輝)>サイドカットして穴が開いていたところにプラ板を貼って整形。で、ここのパーツ、キットをよく見ると外側に軽くテーパーが入っていて、六角形になってるんだな。
(A機)>ということは、このあとまた削っていきます?
(栄輝)>ちょっと考えたけど、ここにテーパーが入っているのは、かえって変な感じなんだよ。上腕部も、肘のカバーも、みんな平行に面を出すようにしてきたのに、ここだけテーパー入れて、果たしてそれがアクセントになるか……。というわけで、平面で仕上げることにした。
(A機)>なるほどー。次回は右腕に同じ作業を?
(栄輝)>いやそれが、肘まわりにもう少しだけ手を入れなければならないので、まだ左腕の加工が続くのだ。つーかパイプでほとんど見えないとはいえ、前腕部の中がスッカスカのままだし。
(A機)>そういえば、そうでしたね。

商品イメージ
MG 1/100 RMS-106 ハイザック[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 08:53| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

MGハイザックをつくる(130527)

イメージ

(A機)>再開十二日目。今日のニューマテリアルはMr.SSP!
(栄輝)>アルテコあらためMr.SSP。リッチモデラー御用達マテリアルに俺的認定していたSSPが、ついに初上陸。硬化するのほんとに速いんだな。こねてるあいだにガンガン固まってしまった。
(A機)>使ってみて分かることって多いですよね。
(栄輝)>埋める穴は小さかったのでそれでもなんとかなったけど、大量に盛り付けるものではないのかもね。さて、手首のボックスはそのまま使うとして、次は左右をフタしないと。

商品イメージ
MG 1/100 RMS-106 ハイザック[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 08:54| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

MGハイザックをつくる(130526)

イメージ

(A機)>再開十一日目。プラ板工作!
(栄輝)>このためにわざわざ1ミリのプラ板を買って来たんだぜ。
(A機)>気合い入ってます。本気ですよこの人。
(栄輝)>両サイドのバンダイエッジをどう処理するか考えたんだけど、肘の関節軸を活かそうとしたらこれ以上はカットできないし、そうなるとやすりがけの角度とか考えると、いつものチビチビ攻撃よりはプラ板を継ぎ足して削るほうが確実だろうと。
(A機)>先端に斜めの面を出したのは、じつはゼク・アインからの逆輸入なんですよね。
(栄輝)>最近になって気がついたんだけど、ゼク・アインの前腕部ってハイザックの意匠を引き継いでたんだな。それで斜めに削っていったら、穴が開いてしまったんだけど。
(A機)>ここは裏打ちが必要だったようですね。
(栄輝)>次回はここの補修作業かな。とりあえずエルガイムのような打突武器ではなく、どちらかというと前腕部の構造フレームという解釈でいくことにした。あとここのテーパーも三次曲面になってるので、ビシっと平面になるように削っている。

商品イメージ
MG 1/100 RMS-106 ハイザック[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

MGハイザックをつくる(130525)

イメージ

(A機)>再開一〇日目。ボディを削った?
(栄輝)>腋と胸の下側をなるべく平面が出るように削りこんでみた。このキットは、とにかくそこもかしこもへんな三次元曲面になってるので、平面を出すところは平面を出す。ここはカトキハジメ氏のMG用リファイン画稿でも平面っぽく描いてあるので、削っておいておかしくはないかと。

イメージ

(A機)>そしてこれは……。とうとうやりましたね。
(栄輝)>中途半端中途半端で終わらせない。迷いに迷ったわ。そもそもハイザックの前腕部はどういう構造になっているのかが読み取れないし、どのような機構がこの形状を導き出しているのかも分からない。別にエルガイムのように段階的な関節が仕込まれているわけでもないようだし、正直いまだによくわからん。わからんけど、とにかく切り離すべきだろうと。でも、このあと、どうしよう。
(A機)>さぁ、どうするんですか。
(栄輝)>どうしよう。
(A機)>次回に続く。

商品イメージ
MG 1/100 RMS-106 ハイザック[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

MGハイザックをつくる(130524)

イメージ

(A機)>再開九日目。右肩の幅詰めとスパイクアーマーを加工しました。
(栄輝)>思い切ってビルダーズパーツに交換してみた。思い切って切った貼ったしてみたんだけど、けっこう楽しいな。

商品イメージ
MG 1/100 RMS-106 ハイザック[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

MGハイザックをつくる(130523)

イメージ

(A機)>再開八日目。肩幅を詰めてみました。
(栄輝)>昨日いじった腕を組み付けてみたら、肩幅が広くてさ。「そうそう、ハイザックって三面図だと脇が開いた状態でゴリラっぽいんだよね。なるほどハイザック」とか言ってるわけにもいかないだろうと、付け根を寄せるようにいじってみた。
(A機)>作業としては腕側の軸カバーをカットして、軸側は下半分をカットしてパイプ基部がボディに入り込むようにしました。あと軸の付け根がポリキャップの位置決めのためにひとまわり太くなっているので削りこんで調整。
(栄輝)>軸の先の方が余分に削れてしまわないようにセロテープで保護してから削り込むとか、初歩的なテクニックもちゃんとやってますよ。
(A機)>軸削りはAGEプラで何度かやってるから、むしろ定番っぽくなってますね。
(栄輝)>腕が密着するだけでグッと雰囲気よくなるオススメ工作ですな。

商品イメージ
MG 1/100 RMS-106 ハイザック[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 08:49| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

MGハイザックをつくる(130522)

イメージ

(A機)>再開七日目。今日は腕パーツを?
(栄輝)>順当ならフトモモのパーツをいじるところなんだけど、どうにも方針が定まらないので、いろんな部分を触りながら考えを巡らせてみようかと。
(A機)>ああ、いわゆるパーツとご相談モードですね。
(栄輝)>そんな感じ。で、このキットって、ハイザックのラインはよく落とし込んでいるんだけど、おかげでハイザック本来のあいまいなところもそのままキットに反映されているのがキットを窮屈にしているんだよな。前腕部のディテールなんて、どういう構造になってるのかよく分からない。にもかかわらず、パーツ割りは変に巧妙になっていて一体感が出るようになっているという。それはもう、ハイザックのデザインがそうなんだから仕方ない。
(A機)>エルガイムっぽいディテールは、ハイザック独特のものですよね。
(栄輝)>前にも書いたけどひとつ前のテレビアニメ(エルガイム)のラインまで引きずってしまった時代性の部分だな。別にアキュートとして使うことを想定したものではないんだろうけど、それっぽい形状をしている。中途半端にパーツが融合しちゃっているところが、またなんとも。
(A機)>上腕部のパーツも、妙にふっくらしていたのを、カンナ削りでフラットに。
(栄輝)>なんでこう、三次元的な曲面を多様しているのやら。平面なところはピッと平面でいいんじゃないかと思うんだけど。パーツの抜きも関係していたのかもしれないなぁ。そう考えると、ジェスタの胸のパーツは平面がきっちり平面として抜けていてすごい。
(A機)>このキットが発売された2004年から、それだけ金型技術が向上して、なおかつマスターグレードの方向性が変化していった影響があるんでしょうね。
(栄輝)>時代のアンビバレントを背負って生まれてきたハイザック。ならば、ガンプラとしての矛盾を内包したままキット化されたのもまた、ハイザックらしいといえばハイザックらしい。

商品イメージ
MG 1/100 RMS-106 ハイザック[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

MGハイザックをつくる(130521)

イメージ

(A機)>再開六日目。スネパーツの表面処理。
(栄輝)>ヒケのないところはカンナ削りもしてないので、パッと見なんにもいじってないように見えるな。さて、昨日思いついたプランを実行するかどうか検証してるんだけど、どうもおおごとになりそうで迷うところ。結論が出ないので、今朝はパーツの表面処理を進めることにした。
(A機)>手を止めてしまうのが一番よくないですものね。

商品イメージ
MG 1/100 RMS-106 ハイザック[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 08:46| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

MGハイザックをつくる(130520)

イメージ

(A機)>再開五日目。って、前回からちょうど一年ぶりの作業再開ときましたか。
(栄輝)>ライフワークみたいなもの、と言っただろ。
(A機)>そうでしたね。というわけで何の脈絡もなく足先をカンナ削りしてみたわけですね。
(栄輝)>どうアプローチしていくか考えたかったんで、とりあえず黙々と手を動かして。そこはパーツとご相談ってやつだ。
(A機)>何か見えてきました?
(栄輝)>ちょっとだけ試してみたいプランが出てきた。しかし実際にやるかどうかは、まだ悩むところだなぁ。

商品イメージ
MG 1/100 RMS-106 ハイザック[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 08:58| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

ROBOT魂ビルバイン

イメージ

(A機)>再販分ゲットです。
(栄輝)>オーラバトラーのデザインについては、たぶん自分は宮武デザイン原理主義者なのだと思うので、まずダンバインのデザインについてはどうしてもうるさくなるんだが、ビルバインについてはやりすぎなければOKという、比較的寛容なスタンスではある。
(A機)>(オーラバトラーのデザインもこじらせてるんだ)
(栄輝)>なるべく変なアレンジはしないで、設定画どおりに再現されるのが望ましいんだけど、ビルバインの設定画はブリキ細工のオーラバトラーな残念感が強調されすぎているので、本編での作画のグラマラスな匂いをひろっているこの造形は、かなり好意的に感じられるね。
 
posted by 多村えーてる at 22:00| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

1/144ヴァルヴレイヴI火人をつくる(130503)

イメージ

(A機)>五日目です。イッキに完成。
(栄輝)>大型連休の初日くらいは気合い入れたぜ。シールは大変だけど、組みやすいキットだと思う。
(A機)>三号機の発売も決まっているようですし、次々と出ることになると、このキットと当面付き合うことになるわけですよね。場合によってはあと五回くらい。
(栄輝)>最後まで完走できるかはまだ分からないけど、そのためにも一人でも多くの人に味わっていただきたいキットではある。

商品イメージ
1/144 ヴァルヴレイヴI 火人[Amazon]


商品イメージ
1/144 ヴァルヴレイヴIII 火神鳴[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 17:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

1/144ヴァルヴレイヴI火人をつくる(130502)

イメージ

(A機)>四日目です。右足の組み立て中。
(栄輝)>脚部のパーツはゲート跡もささやかだし、ヒケもまったくないしで、じつに組みやすい。黒いパーツはグロス仕上げのほうがいいのか迷ったけど、軽くメラミンスポンジあてて半ツヤ状態にしたらわりと好みな感じになったと思う。

商品イメージ
1/144 ヴァルヴレイヴI 火人[Amazon]


商品イメージ
1/144 ヴァルヴレイヴIII 火神鳴[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 08:46| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

1/144ヴァルヴレイヴI火人をつくる(130501)

イメージ

(A機)>三日目です。脚部に着手。
(栄輝)>けっこう複雑な形状をしているので、組立説明書どおりの手順で組んでる。ここは別のパーツが被さるからゲート跡は処理しなくても大丈夫かな? と思ったところが露出したり、その反対もあったり、凝った構成になってるので油断できない。

商品イメージ
1/144 ヴァルヴレイヴI 火人[Amazon]


商品イメージ
1/144 ヴァルヴレイヴIII 火神鳴[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

1/144ヴァルヴレイヴI火人をつくる(130430)

イメージ

(A機)>二日目です。左腕も完成しました。
(栄輝)>エンブレムのシールだけはどうしても浮いて見えてしまうなぁ。組みながら形状を把握していってることもあって、エッジ出しとかあまり気にしてないんだけど、胸の白いフィン6枚は、削りこんだほうがいいのかな。

商品イメージ
1/144 ヴァルヴレイヴI 火人[Amazon]


商品イメージ
1/144 ヴァルヴレイヴIII 火神鳴[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 08:49| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

1/144ヴァルヴレイヴI火人をつくる(130429)

イメージ

(A機)>『革命機ヴァルヴレイヴ』、始まったばかりの番組ですね。
(栄輝)>放送開始と前後してキットリリースって、マクロスを思い出すな。
(A機)>最近のガンダムもけっこう早いんじゃないですか。
(栄輝)>言われてみればそうか。それにしても細かくパーツ分割してるのに、カラーリング再現のために山ほどシールがついてくるという、ガンプラフォーマットとはまた違った気合いの入ったキット。
(A機)>というわけで、ジェスタはしばしお休みです。

商品イメージ
1/144 ヴァルヴレイヴI 火人[Amazon]


商品イメージ
1/144 ヴァルヴレイヴIII 火神鳴[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 16:00| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

1/20 スコープドッグをつくる(130411)

イメージ

(A機)>再開一〇日目。パチ組み完成?
(栄輝)>だな。ヘビィマシンガンも前に組んであったので、サッとペーパーあててできあがり。武器類って、後まわしにするとモチベーションが下がって組むのがつらくなったりするんだけど、このキットでは初期段階に組立工程が割り振られているんだよな。
(A機)>そのへんもすごく分かってるというか、組み立てることを楽しんでもらうために、あれこれ工夫してあるんですよね。たしかランナータグのアルファベットを抜き文字にしたのも、バンダイではこのキットが初めてだったんじゃないですか。
(栄輝)>そういえばそうだったかな。それまではアルファベットを目立たせるためにわざわざ銀色のマーカーで文字をなぞったりしてたよ。模型雑誌ではガムテープで大きめのタグを作って、マジックで大書きすることを推奨してたなぁ。
(A機)>今ではコトブキヤのキットなどでも抜き文字は当たり前になってますね。
(栄輝)>さてこのあとどうするか。塗装を楽しむなら、猫も杓子もだけどシナイグレーやマシーネンカラーを塗ったくってみたい気もするけど。
(A機)>けっこう細かいディテールがいっぱい入っているので、それらが潰れないように塗ろうと思うと、気を使いそうですね。
(栄輝)>スコープドッグのキットって、コクピット内部もきちっと塗らないとっていう気持ちになって、さらにパイロットも塗らないといけない、みたいな気分になってどんどんハードルあがってしまうという。そのへんはちょっと難儀だな。
(A機)>キリコも塗らないと。
(栄輝)>あーそれも大変なんだよな。できれば顔の見えないあのヘルメットで済ませたいんだけど、立ち姿でヘルメットを被っているのはペールゼン・ファイルズ版にしか付いていないんだっけ?

商品イメージ
装甲騎兵ボトムズ プラスチックモデルキット 1/20 スコープドッグ[Amazon]


商品イメージ
装甲騎兵ボトムズ 1/20 ブルーティッシュドッグ[Amazon]


商品イメージ
装甲騎兵ボトムズ 1/20 スコープドッグ レッドショルダーカスタム[Amazon]


商品イメージ
装甲騎兵ボトムズ 1/20 スコープドッグ(ペールゼン・ファイルズ版)[Amazon]


商品イメージ
装甲騎兵ボトムズ 1/20 ファッティー地上用(ペールゼン・ファイズ版)[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 08:53| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする