2005年09月08日

西島大介『ディエンビエンフー』

商品イメージ [Amazon] [bk1]

西島大介が提示するイメージは壮絶で静謐である。

ぼくは彼の作品に対する言葉を持たない。ときおり「チクショウ」と思い、ときおり「ズルイ!」と思う。好きな作家ではない。むしろ嫌いだ。でも、だからこそ読まずにはいられない。
posted by 多村えーてる at 18:33| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

原作:滝沢一穂、作画:近藤ゆたか『剛神 大江戸超神秘帖』

商品イメージ [Amazon] [bk1]

サイバーコミック連載当時は、ちぃとばかし読むのに時間がかかった。なにしろ絵柄は独特だし、漢字は多いし(苦笑)、サイバーコミックの中ではあきらかに異質で、いったいどういう物語なのか、どう読めばいいのか図りかねていたのだ。

いつだったか、意を決して、通して読んでみて、はじめてその作品の魅力に気が付いたのだった。それでもまだ、「これは江戸時代を舞台にウルトラマンをやろうとしているのだろうか?」ぐらいの理解度でしかなかったのだけど。

チクマ秀版社のセレクトには毎回うならされる。値段にもうならされるのだが(笑)
posted by 多村えーてる at 21:17| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井晴敏&樋口真嗣『爆発道場』

商品イメージ [Amazon] [bk1]

四〇歳間近にして、こんなおバカな本をださせてもらえるっていうのは、すごく幸せなことだと思う。ってゆーかうらやましい。
posted by 多村えーてる at 21:15| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

あずまきよひこ『よつばと!』第4巻

商品イメージ [Amazon] [bk1]

ジャンボの時代だな。

年齢の近いあさぎが憧れの人。相手にされず。
女子高生のふうかに対しては、ガキんちょ扱い。
小学生のえなやみうらには、お兄さん的立場。

あさぎとお近づきになりたいジャンボですが、実際に交流する機会が一番多いのは小学生たち。小学生たちに対して倒錯した視線を持たないさわやかガイだから、真剣になって子供たちの相手をする。本気で張り合ったりもする。働いているけど、友人の家にふらりと遊びにでかけるくらいのゆとりがあり、友人宅でゴロゴロすることもあれば、時にはアウトドアもばっちりこなす。

思うに、ジャンボっていうのは三〇前後の独身男性の理想像として描かれているんじゃないだろうか。
posted by 多村えーてる at 17:53| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

慶応義塾大学佐藤雅彦研究室・佐藤雅彦・中村至男『任意の点P』

商品イメージ [Amazon]

佐藤雅彦のワークは嫌いじゃないけど、もうお金おとさなくてもいいだろうと常々思っていて、彼の新刊などからもすっかり遠ざかっていたのだけど、立体視の本となれば手を出さないわけにはいかない。脳内リゾートには目がないのだ。

テトペッテンソンを彷彿とさせる幾何学的な立体構成が、脳の中で三次元の奥行を獲得する。

夏のリゾートには縁がないけど、ぼくには脳内リゾートがある。
posted by 多村えーてる at 17:58| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

梶尾真治『波に座る男たち』

商品イメージ [Amazon]

カジシンの新刊である。読み始めた頃に頭に浮かんだキャラクターは、荒木飛呂彦。第4部のヤンキーたちのイメージである。それが、スラップスティックな展開にクスクスと笑っているうちに、江口寿史のキャラクターにすり替わっていく。ああ、おもしろい、おもしろい。ふとしたきっかけでヤクザたちがクジラ捕りにでかける。SFではない。ありえない話とも思えない。しかし、これは現代のファンタジーである。登場人物のキャラクターがしっかりと立っている。読み進めるうちに、江口寿史のキャラクターたちが、いつのまにか、今度は、ゆうきまさみのキャラクターに入れ替わっていた。そんな雰囲気の作品である。きっと映画化されるだろうな、とも思う。すでに、そんな話が動いているかもしれない。

SFで泣かせてきたカジシンが、SF的な道具立てを一切使わずに極上のエンターテインメント作品を送り出してきた。これはSFとの別離宣言なのだろうか。そうではないだろう。SF的な道具立てなんて持ち出さなくても、これだけの物語が、クジラを捕ったり食ったりしようということが、日本の伝統的食文化を任侠の人たちが守ろうと立ち上がることが、呑気なヤクザたちが、過激な自然保護団体の急先鋒だった男に訪れる変化が、もはやセンスオブワンダーな出来事なのだということではないか。

作中に、チャナ症候群という奇病が登場する。これは、名作『クロノス・ジョウンターの伝説』に登場する架空の病気である。強いてあげるならば、この奇病を物語のバックボーンに持ってきたことが、かろうじてSF的道具立てである、と言えるかもしれない。が、正直、そんなことはどうでもいい。これだけおもしろく、ドキドキする作品を届けてくれたのだから。
posted by 多村えーてる at 16:45| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

漫画夜話、永島慎二の回を再放送

7月18日(月)00:00から。BS2にて。
亡くなられてから新聞等で取り上げられるまで一カ月もかかったのは、公表しないでほしいという本人の遺志によるものだったようです。

夜話再放送『永島慎二』(夏目房之介の「で?」)
posted by 多村えーてる at 11:08| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

さよならダンさん

7月6日の朝刊に、永島慎二さんの訃報をみつけた。6月10日に心不全で亡くなっていたという。どうして一カ月も経ってしまったのか、理由は書かれていなかった。人知れず亡くなっていたのか、それともメディアに公表されなかっただけなのか…。

小学2〜3年生の頃、兄の部屋に忍び込んで、こっそりと取り出すのが、「チャレンジ」という学習教材だった。そこに掲載されている漫画を、ぼくはドキドキしながら読んだ。『独りくん』というタイトルだった。ぼくにとって永島慎二とは『旅人くん』でもなく、『フーテン』でもなく、『漫画家残酷物語』でもなく、『青春裁判』でもなく、『少年期たち』でもなく…、まず、この『独りくん』だったのである。

週刊少年チャンピオンでまだドカベンが連載していた頃で、わが家では水島新司も人気があったが、水島新司と似て異なる永島慎二の名前は、小学生の時分からさりげなく刷り込まれ、その後も、つかず離れず、いまあげたような作品たちが(そのほかにもたくさん)ぼくの心にクサビを打ち込んでいくのだった。ときには、どうしようもないやるせなさとして。ときには、とめどなくあふれる涙として。そしてときには、まったくの時代錯誤として。

少年時代に『独りくん』や『少年期たち』を読むことができたように、大学生になって、またしても心にクサビを打ち込む作品にであうことになった。それは、

『そのばしのぎの犯罪』

全2巻の単行本を手に入れるも、読み終わるまでにずいぶんと時間がかかったことを覚えている。とにかく、だんだんと読み進めるのが恐ろしくなって、何度も読むのを中断してしまっていたのだ。夏の暑い日、眠れない夜に、傾いた下宿でその本を手にとって、何度も息を詰めて、自分はこの先どうなっていくのだろうと考えたことを思い出す。そんな調子だったから、通しで読み終えたのは一回きり。だけど、忘れられない作品になってしまったのです。

大切に持っていたはずの単行本が、どこで、どういった経緯で、自分の手元から失われてしまったのか、今となっては思い出すことができない。「いつか、また読み返す」という決意を秘めたまま、段ボール箱に詰め込まれていたはずのその本が、なぜか今みあたらない。

青年漫画の“教祖”、永島慎二さんが死去
永島慎二氏が死去 私小説的漫画で一時代築く

ダンさんの比較的後期の作品『銀河鉄道の夜』が、電子書籍コンソーシアム実証実験のときの約六千冊の中に含まれていたのを見つけたときは驚いたなぁ。永島慎二作品は、いちはやく電子書籍にもなっていたってわけ。まるで出版社の売れないバザーのような作品リストの中で、そのタイトルだけが輝いて見えたものだった。
posted by 多村えーてる at 20:19| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

今月の書籍

今月はなんとなく勢いでいろいろと買ってしまった。以下順不同。

『教えてください。富野です』
商品イメージ [Amazon]

で、『富野に訊け!』[Amazon]はなぜかまだ買えていない。

『Ζ BIBLE』
商品イメージ [Amazon]

『映画「ローレライ」画コンテ集』
商品イメージ [Amazon]

没コンテの中にはフリッツも登場していたりするわけで、フィルムとして成立しなかったアレやコレやの妄想ノート。

『宮武一貴マクロス&オーガスデザインワークス』
商品イメージ [Amazon]

宮武氏らしい膨大なコメントがうれしい。

『ミクロマンパーフェクトワークス』
ミクロマンパーフェクトワークス [Amazon]

この一年くらいでいくつかのミクロマン本が出たけど、ミクロフォース以降のミクロマンに関しては、本書が文字通り決定版。ハシラにまで詰め込まれたコメントの数々や、デザイン画など、読めば読むほど手元のミクロマンを手に取りたくなるというマジカルな一冊。ホントにこの一冊で一カ月は語り続けられるだけのネタが仕込まれていると思う。

追記:bk1が春にリニューアルして、従来どおりのリンクが無効になってるっぽい(本のページには飛ぶけど、アフィリエイトが機能しないっぽい)。どうするのが正解か、調べる時間がなくてほったらかし。
posted by 多村えーてる at 12:38| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

坂口尚『月光シャワー』

商品イメージ [Amazon]

このSF短編集に収録されている『遠いささやき』こそが、ぼくが坂口尚を意識した最初の作品だったと思う。たしか「ポップコーン」という雑誌でみつけたのだった。マセガキだったぼくは、ポップコーンなる右側から日本の漫画、左側からアメコミが掲載されている不思議な漫画雑誌を立ち読みし、その作品に出会ったのだった。

そのあと、同じ本屋さんで単行本『星の動く音』を見つけ、加速度的に坂口尚に心酔してしていくのである。

どれくらい気に入っていたかというと、学生時代に撮った8ミリ映画のタイトルに『星の動く音』と付けたくらい。内容はまったく無関係だったけど。

写真を切り張りしてポスターまで作って、部室に張り出して悦に入ったりもしていたっけ。そのとき無理矢理に英語タイトルもつけた。『Whisper of Stardust』などというインチキ英語。これって『遠いささやき』を意識して付けていたんだろうなぁ。
posted by 多村えーてる at 14:59| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

島本和彦『卓球社長』

(栄輝)>うはは、卓球社長はおもしれーなー。
(A機)>ぼくこの作品しりませんでした。
(栄輝)>ビックコミックじゃなぁ。雑誌連載はほとんどノーチェックだからしかたないや。にしても、いい作品だなぁこれは。たのしくて、ばかばかしくて、熱い。ひたすら熱い。
(A機)>なのに卓球。人生は卓球。このとりあわせはすごいですね。
(栄輝)>俺もいつかはガンプラ社長に…。

商品イメージ [Amazon] [bk1]
posted by 多村えーてる at 22:55| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

逆境ナイン復刊

(栄輝)>逆境ナインはいつ読んでもおもしろいなぁ。
(A機)>映画版はどうなんですかね。
(栄輝)>2巻のカバー絵の月田クンがあからさまにイマドキの女子高生な体型で描かれるのがイカニモ。
posted by 多村えーてる at 23:30| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

吾妻ひでお『失踪日記』

商品イメージ [Amazon] [bk1]

小学生の頃、週刊少年チャンピオンを読み始めたときに連載していたのが『チョッキン』で、その頃から吾妻ひでおのことが気に入っていたから、吾妻ひでお作品との付き合いはけっこう長い。秋田書店の漫画文庫で『やけくそ天使』をみつけて、吾妻ひでおってことで手に取ってみると、とってもアダルトな内容で面食らったり。『やけくそ黙示録』や『チョコレートデリンジャー』あたりがお気に入りなのは、いわゆるロリコンブームやら何やらよりも、少し前の吾妻ひでおが好きだったからなんだと思う。実際、『ななこSOS』なんて、ななこのかわいらしさは素晴らしいのかもしれないけど、話自体はわりとどうでもいいものが多かったよね(笑)オレンジのダンシングまぶしいわ。
 
続きを読む
posted by 多村えーてる at 11:00| 奈良 ☁| Comment(3) | TrackBack(9) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

音楽産業廃棄物 Rev.2.0 v2005(仮題)

復刊ドットコムで、仮予約が500部に到達したら発売決定だそうです。

ん〜そういえばそんな本がでていたような…。記憶あいまいだなぁ。アルバム「音楽産業廃棄物」が出た頃は、すっかりこちらのスタンスがロートル化しちゃってて、買って聴くけどそれだけってな状態だったからなぁ。
posted by 多村えーてる at 16:41| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

よつばとひめくり2005

商品イメージ [Amazon] [bk1]

10日発売だったのを忘れていて、昨日あわてて確保しました。
「よつばと!」は使えるカットが少ないからか、100点以上の描き下ろしがあるようです。もっとも、なかにはよつばが描いたひどいらくがきもあったりするのだけど(笑)
我が家の机では春までは「ひめくりあずまんが」が活躍しているわけですが、4月からはよつばにタッチ交替。大阪は遠くになりにけり。
posted by 多村えーてる at 11:32| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

機動戦士Ζガンダム ノスタルジア -Believe in a sign of Z ?-

商品イメージ [Amazon] [bk1]

2940円で2月下旬発売予定。以前発売された『聖戦士ダンバインノスタルジア―Do you remember the tale of Byston Well?』と同様の編集形態なのかな。ダンバインのときと比べて千円も安い価格になっている(ダンバインは3990円)のは、販売部数がそれだけ多いからか、それともページ数が少ないからか…。
 

続きを読む
posted by 多村えーてる at 12:21| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

長谷川裕一『機動戦士クロスボーン・ガンダム−スカルハート−』

商品イメージ [Amazon] [bk1]

近年、コンスタントに描かれてきたクロスボーンガンダムの続編・外伝を一冊にまとめた単行本。GFF F91のリリース時に、ハリソン大尉のネイビーブルーのF91はカラーリングが変更になってしまったのだが、GFFの画稿発表以前の作品は(わざわざトーンを削って)カラーを修正しているのが芸コマというか(バンダイの要請というか)なんというか。

GFFのクロスボーン・ガンダムX1は、わりとお気に入りの1体だが、なぜかデザイン優先のリファインが施されており、本編で活躍した内蔵武器が消失していたり、若干残念なところもある。F91のほうは、「ボクの中の最高のF91」と大きくかけ離れた造型がどうにも残念ポイントで、シーブックのF91しか買っていない。

ハリソン大尉の機体は、クロスボーン本編では全身ネイビーブルーだったのが、GFFの組み替えギミックの都合でカラーリングが変更になったわけだが、この配色はなかなかにPOPな感じがして、個人的にはアリだと思っている。

単行本にまとまったことで、トビアの活躍も一段落ついてしまったようだが、クロスボーンガンダムの頃の宇宙世紀は、まだまだ遊べるのではないかと思う。長谷川氏ものびのびと描いているのが紙面から伝わってくる。もう1冊分くらいは、続けてほしいな。
posted by 多村えーてる at 16:32| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月22日

ウエダハジメ『QコちゃんTHE地球侵略少女』第2巻

商品イメージ [Amazon] [bk1]

きちんと発売されました。ドトウの展開です。あーこっちに行くのかぁ、という感慨と、ジャンクぎりぎりの展開。おもわずページをめくるのが怖くなる、でもめくらずにはいられない。

ちかごろ、ヒドイシチュエーションをリアルに描く駄作が世に蔓延しているが、ウエダハジメのジャギーのような描線で描かれる物語のほうが、よほど心にグサリとくる。
 
続きを読む
posted by 多村えーてる at 16:19| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

ふくやまけいこ『東京物語』文庫化

商品イメージ 商品イメージ [bk1]

いまとなっては何が気に入らなかったのか自分でもわからないけれど、この『東京物語』は当時、途中で単行本を買うのを止めてしまったので、どういう結末に辿り着いたのかまるで知らない。どうやら手元にも残っていないようだ。

書物や物語というものは、出会うべき時期というものがある。たぶん、あの頃の自分にとってこの作品はそうではなかったのだろう。新鮮な気持ちで、読み返したいと思う。

来年にかけて『サイゴーさんのしあわせ』などいくつかの作品が文庫化されるようだ。
posted by 多村えーてる at 12:53| 奈良 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月25日

ウエダハジメ『QコちゃんTHE地球侵略少女』第2巻

商品イメージ [Amazon]
(写真は1巻、リンクは2巻)

12月末に延びた模様。2回目の発売延期。今月発売予定が、ちっとも書店に並ばないのでおかしいなと思っていたらこれだもんなぁ。

今月はいろいろ発売されたんだけど、気持ち的にはQコちゃんにフォーカスをあわせてたので、肩すかしくらった気分なのだわ。

その筋の人たちの話しでは、冬コミに専念していて遅れてるんだろうとのこと。あーもうプロ根性のない作家はこれだから。
posted by 多村えーてる at 13:56| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする