2020年06月29日

HGUCガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]をつくる(20-0629)

イメージ

(A機)>四日目です。
(栄輝)>下半身に着手。今回のキットは股関節まわりがアップデートされているらしいけど、今日組んだあたりはいつものヘイズル改やアドバンスド・ヘイズルと変わらない。軽くバンダイエッジやヒケを処理する程度で組み立てていく。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | AOZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

HGUCガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]をつくる(20-0628)

イメージ

(A機)>三日目です。
(栄輝)>上半身完成。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | AOZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

ダイアクロン DA-52 ヴァースライザー1号(20-0627)

イメージ
 
posted by 多村えーてる at 21:00| 奈良 ☁| Comment(0) | ダイアクロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0627)

イメージ

(A機)>七十二日目です。
(栄輝)>グロスで下地塗装してみたら、思いのほか傷が目立っていたところとか、砂吹きっぽくなっていたところの表面処理をやり直した。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 18:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千値練 RIOBOT 1/48 レギオス・エータ



 
posted by 多村えーてる at 12:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 駄目チネラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

HGUCガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]をつくる(20-0626)

イメージ

(A機)>二日目です。
(栄輝)>背面のブースターポッドはヘイズル改がシールド・ブースターを背負った状態のアップデート版になってるんだな。
(A機)>フンドシ部分にTR-6の上半身パーツがつくのは、ヘイズル改やアドバンスド・ヘイズルのサブ・アーム・ユニットに相当するわけですね。
(栄輝)>贅沢なのかデッドウェイトなのかわからないけど、上半身にもジェネレーターを積んでいるとしたら、サブ・アーム・ユニットとしてはさらに運用しやすくなるだろうな。もっとも、メイン兵装はコンポジット・シールド・ブースターだから、こいつはこいつでジェネレーターを搭載しているので、やはりこのTR-6上半身っていうのはかなりの贅沢装備な気がしないでもない。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | AOZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

HGUCガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]をつくる(20-0625)

イメージ

(A機)>TR-1最後の究極進化機体。
(栄輝)>梅雨に入ってMGゼータプラスの作業が中断している間、いろいろと積んだキットを消化しかなければならないわけで、順番的にはA.O.Zシリーズだけでもこいつの前にハイゼンスレイII・ラーがいるけれど、そのへんは気にしだしたら切りがない。
(A機)>好きなものから組めばいいじゃないですか。
(栄輝)>そうするよ。今回はいつもどおりカメラアイだけは塗装。下地にシルバーを塗って、そのうえからクリアグリーン。うちにあるクリアグリーンって、何度溶媒液を加えてもすぐに揮発して固まりそうになってるんだけど、クリアカラーって、なにかそういう性質でもあるのだろうか。
(A機)>めったに使わないから、余計にそう感じるんじゃないですか。
(栄輝)>それはあるかも。で、眼を塗ってマスクまわりもその流れでスミ入れしたけど、トサカのセンサー部分は塗り分けし始めると泥沼なのでシールで済ませることにした。プリムローズの前方に飛び出しているブレード、前にプリムローズを組んだ時のものを確認したらもっとピンピンに尖らせていたから、あとで削り込もう。
(A機)>このパーツ、建機画稿でも、かなりエッジが立ってますね。
(栄輝)>整面作業は最小限で済ませようと思っているんだけど、中央の赤いパーツは正面とてっぺんがヒケているというかちょっとよれているのでヤスリスティックをしっかりあてた。その上の紺色のパーツもよくみると正面が少しヒケているなぁ。微妙な角度がついているから触らないでおくつもりだったけど、ちょっとだけ均したほうがいいかも。
 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | AOZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

MGゼータプラス(テスト機カラータイプ)をつくる(20-0621)

イメージ

(A機)>七十一日目です。
(栄輝)>大腿部ビーム・カノンの先端部の加工。元々キットの溝を切り欠くべきかどうかちょっと悩んでいて、資料をいろいろ見て気がついたんだけど、ここの溝の形状って、RX-78とゼータやゼータプラスでは違ってるのよ。

イメージ

(A機)>これがRX-78。三ツ又に割れていますね。
(栄輝)>そう。これもなんとなく二つに割れているだけだと思いこんでいたけど、ガンダムは三ツ又。
(A機)>二つはザクですね。

イメージ

(A機)>Zガンダムのビーム・ライフル。割れてませんね。
(栄輝)>さらにこれがムック本のゼータプラス。

イメージ

(A機)>割れてませんね。
(栄輝)>ゼータガンダムに準じたのかなぁと思う。で、ここのディテールはマスターグレードでもカトキ画稿は変わっていないんだ。

イメージ

イメージ

(A機)>なるほど。溝が先端まで彫ってあるのは設定画とは違う処理だと。
(栄輝)>スライド金型で銃口を開けるときの都合かなぁと思うけど、気がついてしまったので手を入れたってわけだ。

イメージ

(A機)>組立説明書の中の解説では、ばっちり割れていますね。
(栄輝)>ビームクラフト何やってくれてるんだ……。
(A機)>律儀にキットの溝を「本来ならこうなっているはず」と手を加えたのかもしれませんよ。
(栄輝)>そうだとしても向きが90度違ってたりするし。
(A機)>ありゃ。「実物」はくるくる回るんですかねぇ?

イメージ

(A機)>そしてキットはバラバラの真っ黒に。
(栄輝)>週末は天気もよかったので下地塗装を進めた。

商品イメージ
MG MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ)[Amazon]


商品イメージ
METAL ROBOT魂(Ka signature)ゼータプラス C1 [Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 18:00| 奈良 ☁| Comment(0) | GUNDAM SENTINEL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする