2017年07月08日

HGギラーガをつくる(170708)

イメージ

(A機)>三十九日目です。
(栄輝)>カカトの肉抜き穴がどうしても気になったので、プラ棒で塞ぐことにした。

商品イメージ
HG 1/144 ギラーガ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM AGE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

HGギラーガをつくる(170707)

イメージ

(A機)>三十八日目です。
(栄輝)>クリアパーツのピンピン加工。今回は膝と肘。次はバックパックとモードXのパーツかな。

商品イメージ
HG 1/144 ギラーガ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☀| Comment(0) | GUNDAM AGE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

HGギラーガをつくる(170706)

イメージ

(A機)>三十七日目です。
(栄輝)>腰蓑アーマーの前後のパーツの合わせ目の角度が揃うようにすり合わせた。設定画では前パーツは後ろパーツに重なるようになっているので、アウトラインが揃っている必要はなかったんだよね。
(A機)>切り詰めたり密着させたり加工したから。
(栄輝)>そゆこと。

イメージ

(栄輝)>それと、リーンの翼ことソール部分の左右のフィン、前にカットしてたんだけどさらに小型化した。

商品イメージ
HG 1/144 ギラーガ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | GUNDAM AGE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

HGギラーガをつくる(170705)

イメージ

(A機)>三十六日目です。
(栄輝)>表面処理の続き。次のサフチェックまで結果はおあずけ。

商品イメージ
HG 1/144 ギラーガ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | GUNDAM AGE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

HGギラーガをつくる(170704)

イメージ

(A機)>三十五日目です。
(栄輝)>サフチェックで明らかになった仕上げのまずいところを修正していく。こういうのが一発でキレイに作れたら最高なんだろうけど、まだその域に達していないんだよなぁ。仕方ないので地道な作業を繰り返す。

商品イメージ
HG 1/144 ギラーガ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | GUNDAM AGE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

HGギラーガをつくる(170703)

イメージ

(A機)>三十四日目です。
(栄輝)>ヘアスタイルをいじってた。
(A機)>昨日も少しカットしてありましたね。
(栄輝)>このパーツ、使わないつもりだったんだけど、とりつけるとそれなりに貫禄が出ていいんだよね。

商品イメージ
HG 1/144 ギラーガ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | GUNDAM AGE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

HGギラーガをつくる(170702)

イメージ

(A機)>三十三日目です。
(栄輝)>袖口の角度を見直した。内側を1.5ミリぐらい削って、角度をつけた。というのも、ゼイドラと比較したらまだギラーガのほうが長かったので、削り込んでサイズ感を合わせた。

イメージ

(栄輝)>さらにサフチェック。もうちょっとしっかり整形してからでもいいんだけど、いろいろいじってわかりにくくなってたから、ちょうどいいかと。
(A機)>とうとう動力パイプらしきものが付きましたね。
(栄輝)>まだ仮止めもいいところだけどな。ヴェイガン機って、動力パイプ的なものはまったくないのだろうと思ってたんだけど、試作機の中にはケーブルっぽいものがついているデザインもあるんだよね。
(A機)>そうなんですね。しかし動力パイプっぽいものを追加しただけでグッとモビルスーツらしさが増しましたね。
(栄輝)>襟首と胴体って、いかにもな位置だからなぁ。これもモビルスーツの記号のひとつなのかもしれない。

商品イメージ
HG 1/144 ギラーガ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | GUNDAM AGE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

HGギラーガをつくる(170701)

イメージ

(A機)>三十二日目です。
(栄輝)>エッジを出した。プラ板で大型化するとか、いろいろ考えたけど、へんな小細工はしないでもいいかな。

商品イメージ
HG 1/144 ギラーガ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | GUNDAM AGE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

BookBook for iPhone 7 Plus がきた

イメージ
昨年末にアナウンスがあってから、半年以上。今回は待ったなぁ。
年が明けてから本国では発売開始されていたようだけど、国内での取り扱いがいっこうに始まる気配がないまま。6月になってフォーカルポイントが正規代理店として発売開始していたことに気がつくも、既に品切れ状態。それから頻繁に在庫状況をチェックして、ようやく入手した次第。
なお、タブを引っ張って中箱を引き出すスタイルは今回も変わらず。
イメージ
えらくマット仕上げだなぁと思っていた for 6 Plus も、長期間の酷使ですっかりテカテカに。この for 7 Plus もいずれそうなるのかもしれない。今のところはいい感じのマット調。
イメージ
for 6 Plus 背表紙もすり減ってしまってすっかりボロボロに。
革が柔らかくなって、取り回しは楽だったんだけど、そのかわり背表紙越しにボリュームボタンが反応するようになって、手でホールドしているときに不用意にボリュームをいじってしまうってミスを起こすことも。そこまで使い込んだなら本望ってやつです。
イメージ
for 6 Plus のときに採用された取り外し可能なインナーケース、前作ではプロテイン塗装(?)っぽいコーティングが施されていたんだけど、すぐに剥がれてくるのが評価を下げることになっていました。どう対策してくるのかと思ったら、コーティングしないという極めてストレートな対応をしてきたようです(苦笑)。ボタンまわりは切り欠き状だったのが、今回は穴空きタイプに。

最近財布をコンパクトなものに変えたので、直接買い物に関係ないカード類は BookBook に入れるようにしました。そんなわけで BookBook のポケットが多いのは重宝しますね。

フェイクなアンティーク調が売りの商品ですが、本気でボロボロなのはただただみっともないだけだったので、ようやく入れ替えられてホッとしました。
 
posted by 多村えーてる at 21:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone / iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HGギラーガをつくる(170630)

イメージ

(A機)>三十一日目です。
(栄輝)>ダボ穴を黒瞬着パテで埋めた。

商品イメージ
HG 1/144 ギラーガ[Amazon]

 
posted by 多村えーてる at 09:00| 奈良 ☁| Comment(0) | GUNDAM AGE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする